トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

最後尾のヒーロー

 動かない左肩は大きく傾き、顔は苦痛にゆがむ。とても正視できなかった。

 二十一日間続く自転車レース、ツール・ド・フランス初日。米国のローソン・クラドック選手は負傷した。肩甲骨骨折。だが彼は走り続けた。標高二千メートルの峠道を。意識が遠のくほど振動が激しい石畳の道を。

 彼は自らを鼓舞するため、一日走るごとに百ドル(約一万一千円)を、ハリケーン禍の故郷に寄付すると表明した。目標二千百ドルで始まった募金は、賛同が広がり十万ドルを超え、レース最後尾を懸命に走る彼にはこんな言葉が寄せられている。「君は既に勝者だ」 (編集委員・大平達也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索