トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

拉北者

 「北朝鮮による拉致事件で、政府が声を上げる唯一の国は日本です」。「救う会」によると、ソウルで八日、拉致被害者の家族会による国際会議があり、韓国の代表者があいさつでこう述べた。

 韓国では拉致被害者のことを「拉北者(ナップクチャ)」と呼ぶ。被害者は多く、朝鮮戦争休戦後で五百人ほど。横田めぐみさんの夫が韓国人の拉致被害者だと分かった二〇〇六年以降、日韓の家族会の交流が続いている。

 先の会議では被害のあった十三カ国の連帯を呼び掛けた。米朝首脳会談で、問題解決の道が開けたと信じたい。正念場はこれからだ。 (高岡支局長・小畑一成)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索