トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

あきれた謝罪

 「改めて口頭で言えということか。おわびを申し上げる。はい」。麻生太郎財務相が前財務次官のセクハラ問題でようやく謝罪した。実にそっけなく「本当はしたくない」という本音が丸わかりで、あきれた。

 この間も「(前次官が女性に)はめられているのでは、という意見もある」「『セクハラ罪』という罪はない」などと言いたい放題。かつて麻生氏が自民党政調会長だったころ、党本部で取材し「意外に気さくだな」と思ったあの時の好感もすっかり消え去った。大臣の資格なしと改めて思うが任命権者はあの人だからなあ。諦めが先に立ってしまう。 (経済部長・鈴木宏征)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索