トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

頭を切り替えたい

 激しい逆風でも小選挙区は前職の自民候補が難なく当選した一方、比例代表は民主党への票の流れが顕著だった。歴史的な政権交代となった八年前の衆院選。担当していた岐阜県内の自民支持が盤石な地域にあっても、一票一票の力を思い知らされた。

 今回の衆院選では、有権者がまずすべきは安倍政権の評価だが、選挙する理由がのみ込めないまま。小池東京都知事率いる希望の党に民進党が合流し、対立の図は見えてきたものの政策の違いが不鮮明。それでも日本の行く末を左右する選挙に違いない。頭を切り替えて、自分が持つ一票の力を再確認したい。 (富山支局長・松石健治)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索