トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

どっこいしょ?

 「うんとこどっこいしょ」。先日訪ねた金沢市の鈴木大拙館。仏教哲学の大家が多用していたというこの言葉を米国育ちの秘書がとても面白がっていたことを知り、ロンドンでのある出来事が頭に浮かんだ。

 特派員として赴任していた数年前。冒頭の言葉を漏らすと、日本語が流ちょうな英国人の同僚が「なんですか、今のは」。彼女はオックスフォード大で日本語を専攻したがこんな言葉は聞いたことがないという。「では、英語では何と?」と問うと「無言か『うん』とかしか言わない」。今でも思っている。立ち上がる時に「それでよく力が入るな」と。 (報道部長・有賀信彦)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索