トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

エスメラルダ!

 先輩の芸能記者が、踊り、歌、演技の三拍子がそろった実力派だとたたえる俳優が気になって、京都に出掛けた。

 劇団四季ミュージカル「ノートルダムの鐘」でヒロインを担う岡村美南さん。富山県射水市出身で、中学生のときに見た舞台がきっかけでこの道を目指した。米国に留学後の二〇〇九年に入団し、すでにウェストサイド物語などで活躍している。

 京都では、ジプシーの踊り子「エスメラルダ」役。一七〇センチを超す長身が舞台映えし、観客が息をのむ圧巻のダンス。意志の強い女性らしい振る舞いが、実に格好良かった。 (高岡支局長・小畑一成)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索