トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

古民家

 石川県白山市白峰の県白山ろく民俗資料館には、旧白峰村などにあった古民家六軒が立ち並ぶ。かやぶき屋根や土壁、いろり。国や県の文化財の建物からは、地域で昔どんな生活をしていたのかがしのばれ、何となく「懐かしい」気持ちになる。

 古民家の一つ、商家だった旧織田家住宅は二〇一四年十二月に積雪などで屋根の軒先や土壁が破損し、公開できない状態になっていた。修復作業が進んでいて、九日に土壁にしっくいを塗る仕上げ作業が行われる。再び公開できるのは「来年春ごろになりそう」と山口一男(いちお)館長。貴重な文化財がよみがえる。 (白山支局長・鴨宮隆史)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索