トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

プロフェッショナル

 大学時代のゼミの先生に久しぶりに再会した。先生は数年前にがんを患い、長期入院。抗がん剤と放射線の治療が効き、ふだんの生活に戻ることができたと明かす。

 再発の不安に気持ちが沈んだが、主治医のひと言に気持ちがぐっと楽になったという。「自分の好きなように生活してください。不調が出たら私が治します」

 患者には何の責任もない。責任はすべて医師が引き受ける。プロフェッショナルとはこういう態度なのだろう。世の中はさまざまなプロが支えている。先生に久々に課題を出されたような気がした。「君はプロになったのか」と。(編集局長・大場司)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索