トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

白山の山頂

 この夏、なかなか姿を見せてくれなかったのが白山の山頂。梅雨明け以降、街から写真が撮れないかと思って注意して見ていたが、晴れた日でも山頂には雲がかかっていて、ほとんど拝むことができなかった。

 写真部のデスクに聞くと、夏場は空気中の水分が暑さで膨張していることもあって、遠くから写真を撮影するのは冬とは違って難しいとのこと。そんな中で久々に、くっきりとその雄姿を見ることができたのが二十七日。心なしかずっと続いていた蒸し暑さも少し和らいできたように感じた。田んぼの稲刈りも始まった。季節はそろそろ秋、である。 (白山支局長・鴨宮隆史)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索