トップ > 北陸中日新聞から > コラム 風紋 > 記事

ここから本文

コラム 風紋

権力者

 世界には、温暖化対策の国際的な取り決めから勝手に離脱したり、ミサイルをしきりに飛ばして危機をあおったりする権力者がいます。クリミア半島を武力で占拠したり、一党独裁で異論に耳を傾けない人も。

 この方はどうなのでしょうか。監視社会や密告社会を危惧する市民の声を顧みず、本来の国会手続きまですっ飛ばして法律を成立させる独善的手法は、先の方々に肩を並べたといえるかもしれません。

 金沢を離れるにあたり、最後のコラムには楽しかった思い出をつづりたかったのに。よけいに腹立たしい「共謀罪」の強行採決でした。 (編集局長・岡安大助)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索