トップ > 北陸中日新聞から > 北陸文化 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

北陸文化

【満州に残されて 中国の小兵士として生きた男】1 一家離散

ソ連軍の侵攻で満州に取り残された当時を回想する小関昌司さん=石川県白山市の自宅で

写真

石川県白山市小関昌司さん 終戦から始まる苦難

 石川県白山市に住む小関昌司(こせきしょうじ)さん(84)は1940(昭和15)年11月、出身地の山形県白鷹村(現白鷹町)から父母、姉弟と共に太平山山形開拓団として旧ソ連との国境近くに移住した。落ち着いたのは牡丹江省の南にある鏡泊湖。小学6年生だった。ソ連の侵攻、終戦は新たな苦難の始まりだった。中国に取り残されて孤児となり、生き延びるために共産党軍に入る。帰国した58(同33)年まで14年間、青春を異国の内戦に費やし中国と日本の2国を生きた。その数奇な経験を聞いた。(寄稿・北陸満友会会員、ライター早瀬徹=石川県能美市在住) 

父母なくし幼い弟と別れ

 一九四五年八月九日の夜、満州へのソ連軍の侵攻を耳にすると、小関さん一家は鏡泊湖の対岸の山から近くの発電所に向かった。雨が降る中を日本兵とともに逃げる。泣く弟のために母の千代さんが土下座をして関東軍の兵隊に謝っていた。彼らは一緒に行動するなら、十歳未満の子供を捨てるように迫るのだった。泣き声がパルチザン(反日抗戦軍)に聞こえてしまうというのがその理由。「誰が敵で、誰が味方か分からなかった」。小関さんはそう苦笑した。

写真

 東京城の飛行場で武装解除となり、父健次さんも軍隊と一緒に連行された。それが父を見た最後となる。「父たちは鉄道の軌道を広くする作業の手伝いに駆り出され、ソ連兵にマンドリン機銃を突きつけられる日々だった」。やがて、父はソ連兵に連れて行かれ、小関さんたちは飛行場の倉庫をアンペラ(コーリャンやトウキビの皮で編んだ筵(むしろ))に囲まれただけの収容所に入れられた。

 「与えられるのは一日二食のコーリャンの粥(かゆ)だけ。畑にトウモロコシやジャガイモを盗みに入りました。食い盛りの子どもだから。腹が減って仕方がなかった」。栄養失調や伝染病で毎日死者が出た。夕方になるとソ連兵が「ダワイ(寄こせ)、ダワイ」と言って、「腕時計をはめていた跡が手首に残っていると、時計を出すまで機銃を突きつけられた」。

 十月に入り、食べるものもなくなると、ソ連軍の命令で「元の所に帰れ、鏡泊湖で冬を越せ」ということになった。六十人ほどいた開拓団だったが、その時はもう半数しかいなかった。飼い猫が真っ黒に汚れて住み着いていた開拓村。母は鏡泊湖に戻った後、翌年の旧正月頃に発疹チフスにかかってしまう。「『麻花(マーホア)(カリントウ)が食べたい』と言うので、買いに出かけた時に亡くなった」。姉みよ子さんとの二人では凍土に穴を掘れず、冷たい雪をかき分けて泣きながら埋めた。「雪が解けるとオオカミやカラスの餌食になると思い、かわいそうだった」

 子どもだけの家族となり、開拓団の団長が幼い弟幹雄さんを「面倒は見てやるから」と引き取り、小関さんとみよ子さんの二人は中国人の家にあずけられた。「張さんという豪農で使用人を三十人ほど使っていた。大豆を刈る時、一畝に半日かかり、戻るときにまた半日かかるほどの広い畑だった」。満州の大地は、幼い目にも地球は丸いと感じさせた。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索