トップ > 北陸中日新聞から > 北陸文化 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

北陸文化

【文学】未来短歌会シンポ 「家族詠の現在」26日、富山大会

【上】岡井隆さん【下】北村薫さん

写真

 未来短歌会が主催する短歌・文学シンポジウム「2017年未来富山大会」が二十六日、富山市大手町の富山国際会議場で開かれる。「未来」発行人で文化功労者の歌人・岡井隆さんの基調講演、直木賞作家の北村薫さんのトークのほか、未来選者ら歌人たちによるシンポジウム「家族詠の現在」がある。

 開会は午後一時。岡井さんが基調講演した後、北村さんが「現代短歌のかたち」と題して語る。聞き手は歌人の黒瀬珂瀾(からん)さん。さらに黒瀬さんをコーディネーターに、いずれも歌人の佐伯裕子さん、喜多昭夫さん、高島裕さん、服部真里子さんが「家族詠の現在」をテーマにして語り合う。

 一般のシンポジウム参加費は二千円。立食形式の懇親会(参加費八千円)もある。参加申し込み、問い合わせは、大会事務局(問)090(7087)1376、またはメールmiraitoyama2017@gmail.com (松岡等)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索