トップ > 北陸中日新聞から > 北陸文化 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

北陸文化

【音楽】OEKの来季演目 9月20日 神尾真由子迎え開幕

神尾真由子((C)ShionIsaka)

写真

マルク・ミンコフスキ((C)GEORGESGOBET)

写真

ミンコフスキのドビュッシー(来年7月)

定期400回はバロック特集(来年3月)

 オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の来シーズン(九月〜来年七月)のプログラムが決まった。シーズン中には地元・金沢の定期公演が四百回を超える。九月二十日のオープニングは日本を代表するバイオリンのソリスト神尾真由子を迎える。来年七月三十日にはOEKプリンシパル・ゲストコンダクター(首席客演指揮者)のマルク・ミンコフスキが仏・ボルドー国立歌劇場との共同制作でドビュッシー没後百年の記念公演を予定し、注目を集めそうだ。=敬称略 (松岡等)

フィルハーモニー・ シリーズ

 神尾は、いしかわミュージックアカデミー(IMA)出身で金沢とは縁が深い。OEKとはたびたび共演を重ねており、今年は八月のIMAスペシャルコンサートに続く出演となる。井上道義音楽監督指揮によるベートーベンの協奏曲に挑む。

 二〇一六年、シューマンの交響曲四曲全集を指揮したミンコフスキが選んだのはドビュッシーの歌劇「ペレアスとメリザンド」。かつてOEKで取り上げたラベル、プーランクに続くフランスのもの。仏・ボルドー国立歌劇場は総支配人兼音楽監督を務める手勢で、共同制作の公演は来季のOEK定期公演の目玉になりそうだ。

シュテファン・ブラダー((C)MarcoBorggreve)

写真

デイビッド・アサートン

写真

 「ウイーンの貴公子」とも呼ばれるシュテファン・ブラダーのピアノ独奏、指揮によるオールモーツアルトプログラム(10月18日)、世界を代表する室内オーケストラであるロンドン・シンフォニエッタを創設した指揮者デイビッド・アサートンによるイギリス音楽とベートーベンの交響曲第七番の演奏(11月30日)はOEKの魅力を引き出しそう。

 ニューイヤーコンサート(来年1月6日)にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターのフォルクハルト・シュトイデを招く。メンデルスゾーンの協奏曲のほかヨハン・シュトラウスファミリーのプログラムで、新年のウィーンの香りが直輸入されそう。

ジャスミン・チェイ((C)SangwookLee)

写真

反田恭平

写真

下野竜也

写真

 このほか、韓国のフルート奏者ジャスミン・チェイとOEK定期に初登場のスペインの巨匠ヘスス・ロペス=コボスの共演(来年2月24日)、井上指揮によるハイドンの交響曲第六〜八番「朝」「昼」「晩」の一挙演奏とピアノの俊英・反田恭平によるプーランク「オーバード」の公演(来年3月17日)、広島交響楽団音楽総監督に就き注目される下野竜也指揮のロッシーニの歌劇集とハープの第一人者・吉野直子によるロータの協奏曲のプログラム(来年6月21日)も楽しみだ。

マイスター・シリーズ

 五回の公演それぞれでドイツの都市にちなんだプログラムを組んだ。

 フランクフルト出身の指揮者、作曲家ペーター・ルジツカはOEKと初共演。日系ピアニストのソフィー・マユコ・フェッターとのモーツァルトの交響曲第三十九番など(11月18日)。

 十六歳のメンデルスゾーンがベルリンで作曲した八重奏曲、ベルリン・フィルが初演したヒンデミットの交響曲「画家マチス」を井上が指揮する。ロシアのチェロ奏者アレクサンドル・クニャーゼフを招くショスタコービッチの協奏曲第一番は聞き逃せない。(来年2月3日)

北谷直樹

写真

 OEKの金沢定期四百回(来年3月10日)は欧州で指揮、チェンバロ奏者として活躍する北谷直樹によるバロック音楽のプログラム。バロック時代にドレスデンの宮廷に仕えた音楽家ベラチーニとゼレンカの曲を紹介し、北谷がバッハのチェンバロ協奏曲を弾き振りする。ミサ曲(抜粋)を古楽を得意とする国内の声楽アンサンブル「ラ・フォンテベルデ」との共演で聴ける。

川瀬賢太郎((C)YoshinoriKurosawa)

写真

 神奈川フィルハーモニー常任指揮者として活躍する川瀬賢太郎とOEKの組み合わせでは、武満徹「系図−若い人たちのための音楽詩(岩城宏之編曲)」と、デュッセルドルフにちなむシューマンの交響曲第三番「ライン」が演奏される(来年6月9日)。

アレクサンドル・クニャーゼフ

写真

 OEK定期にたびたび登場している指揮者アレクサンダー・リープライヒはミュンヘン出身。リヒャルト・シュトラウスが第二次大戦後の崩壊したドイツに思いを込めた「メタモルフォーゼン」、ベートーベンの交響曲第一番など(来年7月7日)を振る。

 ファンタスティック・オーケストラコンサート(4公演)を含めた定期公演で優待割引などの特典がある定期会員の申し込みを受け付けている。申し込みはOEKホームページからまたは石川県立音楽堂チケットボックス(問)076(232)8632

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索