トップ > 北陸中日新聞から > 北陸文化 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

北陸文化

宮下奈都さん×岸政彦さん 音楽テーマにトーク 4月15日 金沢・長町

(左)宮下奈都さん(右)岸政彦さん

写真

 作家・宮下奈都さんと社会学者・岸政彦さんのトークイベントが4月15日午後6時から、金沢市長町の古書店「オヨヨ書林せせらぎ通り店」で開かれる。テーマは「音楽の森と、物語の断片」。ピアノ調律師を主人公にした小説「羊と鋼の森」(文芸春秋)が本屋大賞を受賞した宮下さんと、初の小説が芥川賞候補となり、ジャズベースも弾く岸さん。どんな対話が交わされるか−。

 宮下さんは1967年、福井県生まれ、福井市在住。上智大文学部卒後、製菓会社勤務などを経験し、2004年に小説「静かな雨」が文学界新人賞で佳作となりデビュー。「スコーレNo.4」(光文社文庫)「太陽のパスタ、豆のスープ」(集英社文庫)「誰かが足りない」(双葉文庫)など。「羊と鋼の森」は2016年本屋大賞、キノベス!2016、ブランチブックアワード受賞。直木賞候補になった。

 岸さんは1967年生まれ。大阪市立大大学院単位取得退学。龍谷大社会学部教授で、沖縄、被差別部落、生活史などを研究する。著書に「同化と他者化─戦後沖縄の本土就職者たち」(ナカニシヤ出版)「街の人生」(勁草書房)など。「断片的なものの社会学」(朝日出版社)は紀伊国屋じんぶん大賞を受賞した。初の小説「ビニール傘」(新潮社)が芥川賞候補。

 要予約。参加費1500円。予約・問い合わせは、同店=電076(255)0619=またはメール=oyoyoshorinseseragi@gmail.com=へ。

  (松岡等)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索