トップ > 北陸中日新聞から > 北陸文化 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

北陸文化

【本谷のこだわり学 重伝建の巻】 高梁市吹屋(岡山県高梁市)

写真

弁柄で繁栄 赤い町並み

 岡山県西部に位置する高梁(たかはし)市吹屋は、吉備高原の山間にあり、江戸時代以降に「銅山」と「弁柄(べんがら)」で繁栄し、吹屋街道の物流拠点でもありました。

 吹屋の銅山は江戸時代前期には確認され、吉岡銅山と呼ばれ、大正時代には日本の三大銅山と呼ばれるほど栄え、千人を超える鉱山関係者が住んでいました。しかし、幾度も盛衰を繰り返し、昭和六(一九三一)年に閉山となり多くの関係者が去りました。その後、再開されたものの、昭和四十七(一九七二)年に完全に閉山となりました。

 一方、弁柄は宝永四(一七〇七)年頃からの生産とされ、銅とともに産出する硫化鉄鉱から質の良い緑礬(ろうは)(結晶硫酸鉄)が採れたので、銅山閉山後も地元唯一の産業として、昭和四十年代末まで生産され、多くの弁柄豪商を輩出しました。品質と色合いの優れた吹屋の弁柄は、遠く離れた石川県とも関係があり、九谷焼の赤絵や輪島漆器の朱塗りでも使われました。

【上】弁柄格子の続く町並み【下】周囲の雰囲気に合わせ、1993年に建築された3代目の吹屋郵便局=いずれも岡山県高梁市成羽町吹屋で

写真

 吹屋に町並みができたのは、江戸時代中期以降で、旧道に沿って下谷(しただに)・下町(しもまち)・中町・千枚までの約千五百メートルの範囲が重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。今は約六十件の建物が残り、切妻(きりづま)造と入母屋(いりもや)造、平入(ひらいり)と妻入(つまいり)が混在しています。

 主屋の約八割は江戸時代末期から明治時代初期に建てられたもので、多くは二階が居室になっており、道路に面する一階と二階は弁柄塗りの格子を付け、赤色の石州瓦と弁柄を混ぜた土壁が、特有の雰囲気を醸し出しています。その理由の一つとして、「町並み全体を統一するために、吹屋の旦那衆が相談して石州(島根県)から大工と瓦職人を招き、家などを建てた」ことが考えられます。

 現在、吹屋は岡山県を代表する観光地となり、多くの観光客が訪れますが、これまでの道のりは決して平たんではありません。銅山が閉山し、弁柄産業も斜陽となり、一気に過疎化が進んだので、早急に対処しないと町並みがなくなるという危機感から、「吹屋町並み保存条例」を定め、「吹屋町並み保存会」を発足させました。昭和四十九(一九七四)年には岡山県の「ふるさと村」の指定を受けて、観光による活性化をめざし、建物の保存や修復、防火水槽の設置などの地道な努力を積み重ね、今に至っています。

 住民の生活があってこそ町並みは維持されます。土産店を営む六十代女性は「観光客は四月から十一月は多いが冬場は少ない。ここから通勤は厳しいが若い人が戻って町を元気にしてほしい」と語りました。

 吹屋は、弁柄豪商の旧片山家住宅、吹屋村の庄屋を務めた仲田家、明治洋風建築の吹屋小学校、映画『八つ墓村』のロケ地となった広兼邸など、見どころ満載です。(本谷文雄=大衆文化研究家)

◆基本データ◆

所在地 岡山県高梁市成羽(なりわ)町吹屋の一部

種別 鉱山町

面積 約6・4ヘクタール

選定年 1977年

選定基準 伝統的建造物群、及びその周囲の環境が地域的特色を顕著に示しているもの。

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索