トップ > 北陸中日新聞から > 企画・特集 > 北陸中日美術展 > 記事

ここから本文

北陸中日美術展

私の美世界 ▼2 「The Cosmos of Glass」 高橋 静江さん(66歳、名古屋市)

写真

写真と光が生んだ宇宙

 闇を背景に、カットの入った二つのコップを通る光が乱反射して生み出された小宇宙。熱を帯びたようなオレンジ色の光は夕焼けのようだ。都会的なイメージ。それでいて、見る者の気持ちが癒やされるような…。

 趣味で続けていた彫金のためにデッサンを始め、絵を描き始めた。写真をもとにした細密な描写で、質感、光沢を再現するフォトリアリズム。その手法で描くようになったのは五年ほど前からだ。

 光や構図を考えて写真を撮る。細い筆でしか描けないから時間も、集中力もいる。「日によって不思議と絵に違いが出る。その時々の気持ちが表れてしまうのかな」。関心があるのは光。これからもそれを描きたい。

  (松岡等)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新記事

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索