トップ > 北陸中日新聞から > 企画・特集 > 北陸中日美術展 > 記事

ここから本文

北陸中日美術展

私の美世界 ▽3 『せつない気持ち。』 永井キオさん(東京都国立市、42歳)

写真

戻れない分身の感情

 二つ並んだ大きな金属塊。右側の小さい方でも優に一メートルは超えるそれは、おしりに向かって膨らんで巨大な雨粒か涙のようだ。

 タイトルから考えれば、やはり涙なのだろうか。銀色に輝く面と見比べると、小さい方はちょうど大きい方から切り離された分身のように見える。

 「初めにスケッチをして、描いているうちにいいなと思ったものを形にしています。これは本体から分離して戻れない、ちょっとせつない、といった感じを表現しました」

 十数センチの鉄板を溶接してつなぎ、ハンマーでたたいて丸みを出した。一体のものとして作った後で切断、グラインダーで磨いた。石川県白山市が実家で、毎年帰省をかねて出品しているという。

  (鈴木弘)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新記事

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索