トップ > 北陸中日新聞から > 企画・特集 > 北陸中日美術展 > 記事

ここから本文

北陸中日美術展

意欲作ずらり集結 金沢21美 北陸中日美術展開幕

中日大賞の表彰を受けるヒラキムツミさん=30日、金沢市の金沢21世紀美術館で

写真

全国公募の154点

 第四十九回北陸中日美術展(北陸中日新聞、石川テレビ放送、富山テレビ放送など主催)が三十日、金沢市の金沢21世紀美術館で始まった。十一月七日まで。会期中無休。

 各地からの応募作を国立国際美術館の建畠晢館長と女子美術大の南嶌宏教授が審査。会場の市民ギャラリーに平面と立体を合わせて計百五十四点の意欲作が並んだ。

 中日大賞に選ばれた石川県白山市のヒラキムツミさん(48)は、表彰式で「これからもおごることなくマイペースで制作していきたい」と、受賞者を代表してあいさつした。

 観覧時間は午前十時〜午後六時(最終日は午後五時まで)。入場料は六百円、中学生以下無料。 (鈴木弘)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新記事

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索