トップ > 北陸中日新聞から > 企画・特集 > 北陸中日美術展 > 記事

ここから本文

北陸中日美術展

針生一郎氏死去 前衛美術の評論草分け

写真

 前衛美術評論の草分けで知られ、美術評論家連盟会長などを務めた針生一郎(はりう・いちろう)氏が二十六日、急性心不全のため死去した。八十四歳。仙台市出身。通夜は三十一日午後六時から、葬儀・告別式は六月一日午前十時半から川崎市多摩区南生田八の一の一、春秋苑で。喪主は長男徹(とおる)氏。

 一九四八年東北大卒。東大大学院で美学を学ぶ傍ら、花田清輝、岡本太郎、野間宏らと芸術グループ「夜の会」で活動。美術界の旧弊を批判し、前衛美術批評を行った。

 以後、美術を中心に文学、社会、思想に及ぶ幅広い分野で評論を展開。ベネチアビエンナーレ日本館コミッショナー、韓国・光州ビエンナーレの特別展キュレーターなどとして多くの展覧会を手がけ、問題提起した。

 第三世界にも関心が深く、日本アジア・アフリカ作家会議代表世話人などを務めた。旺盛な批判精神は社会問題にも向けられ、改憲問題などでも反対の立場から積極的に発言した。新日本文学会代表世話人も務めた。

 和光大と多摩美術大、岡山県立大で教授を歴任。原爆の図丸木美術館(埼玉)、金津創作の森(福井)の館長に就いていた。著書に「戦後美術盛衰史」「わが愛憎の画家たち」など。

北中美術展審査員も

 亡くなった針生一郎氏は世界的な視野の評論活動の一方で、地方の美術運動も積極的に支援した。

 金沢市で一九六二(昭和三十七)年に始まった北陸中日美術展(北陸中日新聞、石川テレビ放送など主催)への参加もその一つ。ブランクをはさみながら、第一回から半世紀近く審査員を務めた。

 二〇〇九年十二月に金沢21世紀美術館で開かれた第四十八回でも全国から集まった作品を丹念に審査。恒例となった授賞式後の講評で「必然性に裏打ちされた具象絵画を」と出席者に呼び掛けた。

 一九九一年から二十年近くにわたって一緒に審査員を務めてきた国立国際美術館(大阪市)館長の建畠晢氏は「大先輩として敬愛していただけに、うまく言葉がでません」

 地方の美術運動にも詳しい建畠氏は、戦前戦後の福井県の前衛芸術をリードした故土岡秀太郎氏と針生氏との交流を振り返り「社会の中での芸術を深く考える姿勢は一貫していた」と悼んだ。

  (鈴木弘)

 

この記事を印刷する

PR情報

最新記事

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索