トップ > 北陸中日新聞から > 企画・特集 > 北陸中日美術展 > 記事

ここから本文

北陸中日美術展

私の美世界 ▽5 『蜃気楼II・09―13』 大嶌貞男さん(埼玉県桶川市、68歳)

写真

表面の広がりに関心

 緩やかにうねる紺色の画面の中央はややへこみ、周辺に向けてなだらかに盛り上がる。厚みは部分によって十センチほどもある。

 表面の凹凸をたどると、葉脈を拡大したような線が見える。あるいは光を乱反射する水面(みなも)のきらめきといったイメージが浮かぶ。

 「絵画作品ではありますが、絵面(えづら)を作ろうとしているわけではなくて、表面の広がり具合を表現したいんです。しかも広がってまた戻るような可動的な気配を見せたい」

 「ベニヤ板で凹凸を作り、不織布を何層か重ねた上に油絵の具用の顔料で着色しています。北中展への出品は三回目。団体などに所属していないので、どんな風に見てもらえるのか知りたくて応募しました」 (鈴木弘)

  =おわり

 

この記事を印刷する

PR情報

最新記事

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索