トップ > 北陸中日新聞から > 中日あみたんタイムズ高岡支局 > 記事

ここから本文

中日あみたんタイムズ高岡支局

第4号

写真

入善ジャンボ西瓜

食用で大きさ日本一

 入善ジャンボ西瓜の大きさは平均で長さ四十センチ、直径三十センチ、重さ二十キロ。食用では日本一大きいのです。冷やして食べた方がおいしいけれど、これだけ大きいと冷蔵庫には切らないと入らないです。大きくてもとても甘く栽培されています。

 入善町で生産されるようになったのは明治時代の一八九七年ごろといわれます。黒部川扇状地の砂の土地がスイカ栽培に適していたようで、入善町と川を挟んだ旧三日市町(現在の黒部市)は一九二〇〜四〇年ごろ、国内でスイカの一大生産地でした。そのころスイカは貴重な水分補給の果物だったそうです。

 七〇年に入善町の生産者六十八軒で研究会を設立しましたが、後継者不足などで少なくなり、現在では十五軒に減りました。毎年シーズン中には一万個を出荷しています。

大きくて甘い「入善ジャンボ西瓜」=富山県入善町入膳で

写真
 

この記事を印刷する

PR情報


第44号 2015年7月31日
第44号 2015年7月31日
第43号 2015年7月24日
第43号 2015年7月24日
第42号 2015年7月17日
第42号 2015年7月17日
第41号 2015年7月10日
第41号 2015年7月10日
第40号 2015年7月3日
第40号 2015年7月3日
第39号 2015年6月26日
第39号 2015年6月26日
第38号 2015年6月19日
第38号 2015年6月19日
第37号  2015年6月5日
第37号  2015年6月5日
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索