第1科 日本画

日本画は、具象的で親しみやすい作品が多く、伝統を重んじながらも、新しい時代にふさわしい個性豊かな作風を打ち出しています。主な作家は土屋禮一(つちや・れいいち)、福田千惠(ふくだ・せんけい)、成田環(なりた・たまき)、木村光宏(きむら・みつひろ)です。

  • 成田 環「月瀬の大杉」(会員)
    成田 環「月瀬の大杉」
    (会員)
  • 木村光宏「水の音」(会員)
    木村光宏「水の音」
    (会員)
  • 長谷川喜久「白映に赤」(会員・審査員・東京都知事賞)
    長谷川喜久「白映に赤」
    (会員・審査員・東京都知事賞)

第2科 洋画

洋画は、写実的で色鮮やかな作品が多く、伝統的に女性や風景を題材とした作品が目立ちます。思わず息をのむほどの写実的なものもあります。主な作家は、中山忠彦(なかやま・ただひこ)、寺坂公雄(てらさか・ただお)、藤森兼明(ふじもり・かねあき)、鈴木順一(すずき・じゅんいち)です。

  • 藤森 兼明「黒のマニスクリプトへのオマージュ」(副理事長)
    藤森 兼明「黒のマニスクリプトへのオマージュ」
    (副理事長)
  • 長谷川仂「古い港・雨模様」(会員)
    長谷川仂「古い港・雨模様」
    (会員)
  • 鈴木順一「海に生くる人々」(会員)
    鈴木順一「海に生くる人々」
    (会員)
  • 稲葉徹應「室内の情景」(会員)
    稲葉徹應「室内の情景」
    (会員)

第3科 彫刻

彫刻は、写実的な分かりやすい具象彫刻が基調です。着衣や裸体の人物像が多く、健康的な、手堅いリアリティの中にも日本的ロマンを感じます。主な作家は、能島征二(のうじま・せいじ)、中村晋也(なかむら・しんや)、山本眞輔(やまもと・しんすけ)、神戸峰男(かんべ・みねお)です。

  • 神戸 峰男「忍」(副理事長)
    神戸 峰男「忍」
    (副理事長)
  • 山本 眞輔「心の旅—光の舞—」(理事)
    山本 眞輔「心の旅—光の舞—」
    (理事)
  • 工藤 潔「harmony」(会員・東京都知事賞)
    工藤 潔「harmony」
    (会員・東京都知事賞)

第4科 工芸美術

工芸美術は、陶磁器や漆、紙工芸から人形まで、多種多彩な材質・形態であり、きわめて革新的で斬新な現代工芸の魅力ある世界を展開しています。主な作家は、奥田小由女(おくだ・さゆめ)、宮田亮平(みやた・りょうへい)、山内一生(やまうち・いっせい)、亀井勝(かめい・まさる)、加藤令吉(かとう・れいきち)です。

  • 亀井 勝「残存」(会員)
    亀井 勝「残存」
    (会員)
  • 加藤令吉「宙」(会員・審査員)
    加藤令吉「宙」
    (会員・審査員)
  • 山内一生「白譜」(会員)
    山内一生「白譜」
    (会員)

第5科 

書は、東洋の伝統を深く理解しながら、漢字に、仮名に、調和体に、また篆刻に、新時代にふさわしい斬新さがあります。百人一首や万葉集、島崎藤村らの詩などに出典を求めた作品も多く、作品横に付けられた作品解説と見比べてみると、より楽しめます。またカラフルな料紙を使う作家も多く、色彩面でも楽しめます。主な作家は、日比野光鳳(ひびの・こうほう)、井茂圭洞(いしげ・けいどう)、樽本樹邨(たるもと・じゅそん)、中林蕗風(なかばやし・ろふう)です。

  • 樽本 樹邨「蘇軾詩」(会員)
    樽本 樹邨「蘇軾詩」
    (会員)
  • 井茂圭洞「望郷」
    井茂圭洞「望郷」
    (副理事長)
  • 中林蕗風「流転」(会員)
    中林蕗風「流転」
    (会員)