文字サイズ
ニュース

ブラジルのスコラリ監督が退任W杯4位の結果受け

 スコラリ監督(ゲッティ=共同)

写真

 【リオデジャネイロ共同】ブラジル・サッカー連盟は14日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で初の自国開催での優勝を期待されながら4位に終わった同国代表のルイスフェリペ・スコラリ監督(65)が退任したと発表した。

 W杯終了までだった契約の更新を大会中に打診されていたスコラリ氏は、オランダに0―3で敗れた12日の3位決定戦後、進退を連盟のマリン会長に一任すると表明していた。連盟は「マリン会長が辞意を了承した」とした。

 Jリーグ磐田の指揮を執った経歴もあるスコラリ氏は2002年のW杯日韓大会でロナウドらを擁する代表を率い、母国を5度目の世界王者に導いた。