文字サイズ
ニュース

W杯、ドイツ4度目世界一アルゼンチンに延長で1―0

 ドイツに敗れ、ぼうぜんとするアルゼンチンのメッシ=リオデジャネイロ(共同)

写真

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会は最終日の13日(日本時間14日)、リオデジャネイロで決勝が行われ、ドイツがゲッツェのゴールで延長の末にアルゼンチンを1―0で下し、西ドイツ時代の1990年イタリア大会以来24年ぶり4度目の優勝を果たした。欧州勢の世界一は3大会連続で、5度目となる南米開催の大会では初めて頂点に立った。アルゼンチンは86年メキシコ大会以来3度目の制覇を逃した。

 大会の最優秀選手「ゴールデンボール賞」にはメッシが選ばれ、最優秀GKの「ゴールデングローブ賞」はドイツのノイアー、得点王には6ゴールのロドリゲス(コロンビア)が輝いた。

(共同)