文字サイズ
ニュース

決勝、14日早朝キックオフドイツ―アルゼンチン

 ドイツとの決勝に向け、調整するアルゼンチンイレブン=11日、ベロオリゾンテ近郊(AP=共同)

写真

 【リオデジャネイロ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会最終日は13日午後4時(日本時間14日午前4時)から決勝が行われ、ドイツとアルゼンチンが世界一を懸けて激突する。両チームは11日、それぞれのベースキャンプ地で非公開練習し、大一番に備えた。

 24年ぶり4度目の優勝を狙うドイツは、準決勝で開催国ブラジルに7―1と大勝して勝ち進んだ。28年ぶり3度目の制覇を目指すアルゼンチンは、オランダとの準決勝で0―0のまま延長を終え、PK戦を制して決勝進出を果たした。

 両チームの決勝対決は1986年、90年に続き史上3度目。