文字サイズ
ニュース

日本人のごみ拾いを表彰リオ、五輪で「見習って」

 リオデジャネイロ州政府のカルロス・ポルチニョ環境局長(左)から表彰状を受け取る高瀬寧駐リオ日本総領事(中央)=11日(共同)

写真

 【リオデジャネイロ共同】サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で、日本代表の試合後に日本人サポーターが観客席のごみ拾いをしたことをたたえ、リオデジャネイロ州政府は11日、サポーター代表として駐リオ日本総領事や地元日系団体代表を表彰した。

 リオ州政府のカルロス・ポルチニョ環境局長は再生紙で作った表彰状を高瀬寧総領事に手渡し「言葉が通じなくても動作だけで素晴らしさが伝わってきた。日本人の行動は文化的な遺産だ」とたたえ「リオ五輪ではブラジル人にも見習ってもらいたい」と訴えた。

 リオで日本戦はなかったが、日本人サポーターのごみ拾いは評判になった。