中日新聞プラス
中日新聞 CHUNICHI Web
文字サイズ
パラリンピックニュース

パラリンピック日本選手団が帰国狩野「金二つは出来過ぎ」

 ソチ冬季パラリンピックから帰国し、記者会見でメダルを手にする(右から)久保恒造、狩野亮、鈴木猛史、森井大輝の4選手=20日午前、成田空港

写真

 ソチ冬季パラリンピックの日本選手団が20日、成田空港に帰国して空港内で記者会見し、アルペンスキー男子座位で2冠を達成した狩野亮(28)は「難しいコンディションの中で金二つは出来過ぎ。日本チームのおかげ」と誇らしげだった。同回転座位を制した鈴木猛史(25)は「早く自分のベッドで寝たい」と目をこすった。

 選手たちはやや疲れた様子だったが、周囲からのねぎらいの声には「ありがとうございます」と笑顔で応じた。バイアスロン男子7・5キロ座位で銅メダルの久保恒造(32)は「4月からは会社で車いす陸上部を立ち上げる。もう一度チャレンジ」と飽くなき向上心を見せた。

(共同)