中日新聞プラス
中日新聞 CHUNICHI Web
文字サイズ
パラリンピックニュース

スキー狩野亮、2大会連続「金」久保恒造、鈴木猛史は銅メダル

 ソチ冬季パラリンピックのアルペンスキー男子滑降座位で、金メダルを獲得した狩野亮=8日、ソチ(共同)

写真

 【ソチ共同】ソチ冬季パラリンピック第2日は8日に競技が始まり、アルペンスキー男子滑降座位で狩野亮(27)=マルハン=が優勝し、鈴木猛史(25)=駿河台大職=が3位になった。狩野はバンクーバー大会のスーパー大回転との2大会連続金メダルで、冬季大会の日本勢で初の快挙となった。

 バイアスロン男子7・5キロ座位で、久保恒造(32)=日立ソリューションズ=が今大会日本勢初メダルとなる「銅」を獲得した。