中日新聞プラス
中日新聞 CHUNICHI Web
文字サイズ
パラリンピックニュース

ウクライナはパラリンピック出場「独立国として選手団派遣」

 記者会見でソチ冬季パラリンピックへの参加を表明するウクライナ・パラリンピック委員会のワレリー・スシュケビッチ会長=7日、ソチ(共同)

写真

 【ソチ共同】ウクライナ・パラリンピック委員会のワレリー・スシュケビッチ会長は7日、ソチで記者会見し、ソチ冬季パラリンピックへの参加を表明した。ロシアの軍事展開への抗議としてボイコットを示唆していたが「パラリンピックに残る。ウクライナが独立した国として選手団を派遣したことを忘れないようにするためだ」と説明した。

 同会長は6日夜にプーチン大統領に「パラリンピック大会中は平和をお願いしたい」と頼んだことも明らかにした。

 ウクライナはノルディックスキー距離とバイアスロンの強豪で、23選手がエントリーしている。