中日新聞プラス
中日新聞 CHUNICHI Web
文字サイズ
パラリンピックニュース

冬季パラ五輪、8日未明開幕祭典再び、500人超参加

 五輪公園のパラリンピックマークの前で、ジャンプして記念写真を撮る人たち。後ろは聖火台=6日、ソチ(共同)

写真

 【ソチ共同】障害者スポーツの祭典、ソチ冬季パラリンピックは7日午後8時(日本時間8日午前1時)の開会式で開幕し、競技は冬季五輪と同じ黒海沿岸と山岳部の会場を舞台に8日に始まる。4年に1度の大会に冬季史上最多となる45カ国から500人を超える選手が参加する。

 ソチには春の陽気が訪れ、標高千メートル以上のスキー会場でも日中の気温が10度近くになる日もある。6日のアルペンスキー、滑降の公式練習では男子座位で鈴木猛史選手が2位、狩野亮選手が3位のタイムだった。

 日本はアルペンスキー、ノルディックスキー距離、バイアスロンに計20選手が出場する。