中日新聞プラス
中日新聞 CHUNICHI Web
文字サイズ
オリンピックニュース

最優秀は羽生、五輪の意識調査産業能率大、2位は葛西

 産業能率大のスポーツマネジメント研究所は7日、ソチ冬季五輪に関するインターネットを通じた意識調査の結果を公表し「最優秀選手」の1位にフィギュアスケートで日本男子初の金メダルに輝いた羽生結弦が選ばれた。2位はノルディックスキーのジャンプの41歳、葛西紀明だった。

 調査は五輪前後に実施し、延べ2万1千人が回答した。「最も印象に残った選手」はフィギュアスケート女子の浅田真央がトップだった。また、五輪後に注目度が高まった「ブレーク度」の1位はスノーボード男子ハーフパイプ(HP)銀メダルの平野歩夢で、2位が銅メダルの平岡卓と10代がそろって脚光を浴びた。

(共同)