中日新聞プラス

 グラフィックスを表示するためには、最新のChromeFirefox, Safariや、バージョン9以上のインターネット・エクスプローラーをご使用ください。

オリンピックニュース

フィギュア男子:羽生、逃げ切って金メダル

写真

フィギュア男子で金メダルを獲得した羽生結弦のフリー=ソチで(内山田正夫撮影)

 【ソチ=本社五輪取材団】ソチ五輪第8日の14日、フィギュアスケート男子で、初出場の19歳、羽生結弦(ゆづる)=ANA=が今大会の日本の金メダル第1号を獲得した。日本の男子フィギュアは、1932年のレークプラシッド五輪に初出場して以来、82年の歳月をかけ初制覇を果たした。欧米の選手が君臨してきた男子で、アジアの選手が初めて王者になった。19歳での男子フィギュアの金メダル獲得は史上二番目の若さ。

 冬季五輪の日本通算10個目の金メダルで、今大会での獲得メダルは4個となった。日本のフィギュア全体では、2006年のトリノ五輪での荒川静香に続き2人目の金メダリスト。

 前日のショートプログラム(SP)で史上初の100点超えとなる101.45点を記録し、首位で臨んだフリー。羽生は冒頭の4回転ジャンプと3回転を失敗して2回転倒したが、後半立て直し、フリーでも1位の178.64点をマーク。合計280.09点で金メダルを獲得した。

 世界選手権3連覇中のパトリック・チャン(カナダ)は3回転半などのジャンプミスが多く4.47点差で2位となった。3位はデニス・テンでカザフスタンに初のメダルをもたらした。

 初出場の町田樹(たつき)(23)=関大=は5位と大健闘。前回バンクーバー大会銅の高橋大輔(27)=関大大学院=は6位となり、3大会連続の入賞を決めた。