私はナイーブではない

オバマ大統領プラハ演説

 オバマ米大統領は2009年4月5日、チェコの首都プラハで核廃絶に向けた政策演説を行い、核兵器の新たな生産を阻止するため、核兵器原料の生産を検証可能な形で禁止する「兵器用核分裂物質生産禁止(カットオフ)条約」の交渉開始を目指す方針を明らかにした。

2009/4/6 中日新聞、写真・英文はホワイトハウス

リンク:オバマ大統領広島演説

Today, I'm proud to stand here with you in the middle of this great city, in the center of Europe. And, to paraphrase one of my predecessors, I am also proud to be the man who brought Michelle Obama to Prague. To Mr. President, Mr. Prime Minister, to all the dignitaries who are here, thank you for your extraordinary hospitality. And to the people of the Czech Republic, thank you for your friendship to the United States.

 きょう、私は、光栄にも、ヨーロッパの中央に位置する、この偉大な街に立つことができました。そして、前任者の言葉を言い換えれば、ミシェル・オバマをプラハに連れてきた男になりました。大統領閣下、総理、すべての政府関係者の皆さま、素晴らしい歓待に感謝します。そして、チェコの皆さま、米国への友好に感謝します。

I've learned over many years to appreciate the good company and the good humor of the Czech people in my hometown of Chicago. Behind me is a statue of a hero of the Czech people –- Tomas Masaryk. In 1918, after America had pledged its support for Czech independence, Masaryk spoke to a crowd in Chicago that was estimated to be over 100,000. I don't think I can match his record but I am honored to follow his footsteps from Chicago to Prague.

 私は、何年もかけて、地元シカゴのチェコの人々の、人付き合いとユーモアがわかるようになりました。私の背後にあるのはチェコの英雄、トマーシュ・マサリクの像です。1918年、米国がチェコ独立に支持を表明した時、マサリク氏は10万人以上と推定されるシカゴの群衆を前に演説しました。その動員記録には到底勝てそうにありませんが、光栄にも私は彼の足跡をたどり、シカゴからプラハにやってきました。

For over a thousand years, Prague has set itself apart from any other city in any other place. You've known war and peace. You've seen empires rise and fall. You've led revolutions in the arts and science, in politics and in poetry. Through it all, the people of Prague have insisted on pursuing their own path, and defining their own destiny. And this city –- this Golden City which is both ancient and youthful -– stands as a living monument to your unconquerable spirit.

 1000年以上もの間、プラハは世界のどの都市とも違う、独自の都市であり続けました。戦争と平和を経験し、帝国の興隆を目撃しました。芸術や科学、政治や詩で、革命を主導しました。そのすべてを通じて、プラハの人々は自らの道を追い、自らの運命を決めることを求めました。この古くて、かつ、若々しい黄金の都市は、みなさんの不屈の魂の生ける記念碑として立っています。

When I was born, the world was divided, and our nations were faced with very different circumstances. Few people would have predicted that someone like me would one day become the President of the United States. Few people would have predicted that an American President would one day be permitted to speak to an audience like this in Prague. Few would have imagined that the Czech Republic would become a free nation, a member of NATO, a leader of a united Europe. Those ideas would have been dismissed as dreams.

 私が生まれたとき、世界は分断されていました。われわれの国は非常に違う状況にありました。ごく少数の人しか、私のような者がいつの日か、米国の大統領になると予想してはいませんでした。ごく少数の人しか、米国の大統領がプラハでこのように聴衆に向かって話すことが許されるようになると予想してはいませんでした。ごく少数の人しか、チェコ共和国が自由主義国になり、NATOの加盟国になり、EUのリーダーになると想像してはいませんでした。そのような考えは、夢物語として片付けられたでしょう。

We are here today because enough people ignored the voices who told them that the world could not change.

 私たちが今日ここにいるのは「世界は変わらない」という声を無視した人がいたためです。

We're here today because of the courage of those who stood up and took risks to say that freedom is a right for all people, no matter what side of a wall they live on, and no matter what they look like.

 私たちが今日ここにいるのは、壁のどちら側にいようと、どのような外見であろうとも、すべての人々にとって自由は権利であると、危険を顧みず明言した人々がいたからです。

We are here today because of the Prague Spring –- because the simple and principled pursuit of liberty and opportunity shamed those who relied on the power of tanks and arms to put down the will of a people.

 私たちが今日ここにいるのは、プラハの春があったからです。自由と機会を追求する分かりやすい信念が、戦車と兵器に頼って人々の意思を抑圧した者に打ち勝ったのです。

We are here today because 20 years ago, the people of this city took to the streets to claim the promise of a new day, and the fundamental human rights that had been denied them for far too long. Sametová Revoluce -- the Velvet Revolution taught us many things. It showed us that peaceful protest could shake the foundations of an empire, and expose the emptiness of an ideology. It showed us that small countries can play a pivotal role in world events, and that young people can lead the way in overcoming old conflicts. And it proved that moral leadership is more powerful than any weapon.

 私たちが今日ここにいるのは、20年前、この都市の人々が、新しい日の約束と、長い間否定されてきた基本的人権を主張するために街に繰り出したからです。Sametova Revoluce。ビロード革命は多くのことを教えてくれました。平和的な抗議が、帝国の基盤を揺るがし、イデオロギーの空虚さを明らかにすることができると教えてくれました。小さな国が世界情勢で中心的な役割を果たすことができ、若い人が古い紛争を乗り越える先導の役割を果たすことができることを教えてくれました。そして、主導的な道徳はどんな兵器よりも強力であることを証明しました。

That's why I'm speaking to you in the center of a Europe that is peaceful, united and free -– because ordinary people believed that divisions could be bridged, even when their leaders did not. They believed that walls could come down; that peace could prevail.

 私が、平和で、団結し、自由な欧州の中心で、皆さんに話しているのは、普通の人々が、指導者が信じなかったにも関わらず、分裂に橋を渡すことができると信じていたためです。壁は倒すことができる、平和は広めることができると信じていたのです。

We are here today because Americans and Czechs believed against all odds that today could be possible.

 私たちが今日ここにいるのは、米国人とチェコ人が、不可能だと思っていた今日という日が、可能であると信じていたためです。

Now, we share this common history. But now this generation -– our generation -– cannot stand still. We, too, have a choice to make. As the world has become less divided, it has become more interconnected. And we've seen events move faster than our ability to control them -– a global economy in crisis, a changing climate, the persistent dangers of old conflicts, new threats and the spread of catastrophic weapons.

 いま、私たちはこの歴史を共有しています。しかし、いま、この世代、われわれの世代は立ち止まることはできません。私たちも選択しなければなりません。世界は、分断が薄れ、互いに結びついています。世界が私たちの管理能力を超える速度で動くのを目の当たりにしました。グローバル経済の危機、気候変動、古い紛争の根深い危険、壊滅的兵器の新たな脅威と拡散です。

None of these challenges can be solved quickly or easily. But all of them demand that we listen to one another and work together; that we focus on our common interests, not on occasional differences; and that we reaffirm our shared values, which are stronger than any force that could drive us apart. That is the work that we must carry on. That is the work that I have come to Europe to begin.

 これらの課題はいずれも、すぐ簡単に解決されるものではありません。しかし、すべての問題で、私たちは互いに耳を傾け、ともに動く必要があります。一時の違いではなく共通の利益に注目すること、我々を分裂させる力よりも強い、共通の価値観を再確認すること、それが私たちが続けていかなくてはならない仕事です。それが、私が欧州に来て始める仕事です。

To renew our prosperity, we need action coordinated across borders. That means investments to create new jobs. That means resisting the walls of protectionism that stand in the way of growth. That means a change in our financial system, with new rules to prevent abuse and future crisis.

 繁栄を取り戻すため、私たちは国境を越えた協調が必要です。それは雇用を生む投資です。それは成長を妨げる保護主義の壁に抵抗することです。それは金融システムの変革です。不正と将来の危機を防ぐ新しいルールです。

And we have an obligation to our common prosperity and our common humanity to extend a hand to those emerging markets and impoverished people who are suffering the most, even though they may have had very little to do with financial crises, which is why we set aside over a trillion dollars for the International Monetary Fund earlier this week, to make sure that everybody -- everybody -- receives some assistance.

 私たちには、金融危機にほとんど無関係なのに最も苦しんでいる新興国市場と貧しい人々に手を差し伸べるという、共通の繁栄、共通の人道性に対する義務があります。だからこそ、私たちは今週初めに1兆ドル以上をIMFに拠出し、誰でも全員が支援を得られるようにしました。

Now, to protect our planet, now is the time to change the way that we use energy. Together, we must confront climate change by ending the world's dependence on fossil fuels, by tapping the power of new sources of energy like the wind and sun, and calling upon all nations to do their part. And I pledge to you that in this global effort, the United States is now ready to lead.

 この惑星を守るため、いまこそ、エネルギーの使い方を変える時です。化石燃料への依存を減らし、風や太陽のような新しいエネルギー源を活用し、すべての国家が役割を果たすように呼びかけることで、ともに気候変動に立ち向かわなければなりません。米国がこの全地球的な努力を主導する意思があることをみなさんに約束します。

To provide for our common security, we must strengthen our alliance. NATO was founded 60 years ago, after Communism took over Czechoslovakia. That was when the free world learned too late that it could not afford division. So we came together to forge the strongest alliance that the world has ever known. And we should -- stood shoulder to shoulder -- year after year, decade after decade –- until an Iron Curtain was lifted, and freedom spread like flowing water.

 共通の安全保障のため、私たちは同盟を強化しなければなりません。NATOは60年前、共産主義がチェコスロバキアを乗っ取った後に設立されました。その時、自由世界が分裂している余裕がないと遅まきながら学んだのです。そして、私たちはともに世界で最も強力な同盟を築きました。私たちは、何年も何十年も肩を並べ、ついには鉄のカーテンが除かれ、自由が水のように流れ広がったのです。

This marks the 10th year of NATO membership for the Czech Republic. And I know that many times in the 20th century, decisions were made without you at the table. Great powers let you down, or determined your destiny without your voice being heard. I am here to say that the United States will never turn its back on the people of this nation. We are bound by shared values, shared history -- We are bound by shared values and shared history and the enduring promise of our alliance. NATO's Article V states it clearly: An attack on one is an attack on all. That is a promise for our time, and for all time.

 チェコがNATOに加盟して10年目になります。確かに、20世紀、皆さんを抜きに多くの決定がなされてきました。大国が皆さんを失望させたり、皆さんの声を聞かないまま決定をしてきました。私はここで、米国は二度とこの国の人々に背を向けることはない、と申し上げます。私たちは、共通の価値観、共通の歴史、同盟関係の固い約束で結びついています。NATOの第5条は明確に述べています。一国への攻撃はすべての国への攻撃である。これは、今日の約束であり、永遠の約束です。

The people of the Czech Republic kept that promise after America was attacked; thousands were killed on our soil, and NATO responded. NATO's mission in Afghanistan is fundamental to the safety of people on both sides of the Atlantic. We are targeting the same al Qaeda terrorists who have struck from New York to London, and helping the Afghan people take responsibility for their future. We are demonstrating that free nations can make common cause on behalf of our common security. And I want you to know that we honor the sacrifices of the Czech people in this endeavor, and mourn the loss of those you've lost.

 チェコの人々は、米国が攻撃されたとき、この約束を守りました。何千人もの人々が米国の本土で殺されたとき、NATOは対応しました。NATOのアフガニスタンの活動は、大西洋を挟む人々の安全の基盤になっています。私たちは、ニューヨークとロンドンを攻撃した、同じアルカイダのテロリストに照準を合わせ、アフガニスタンの人々が自らの未来に責任を持てるように協力しています。私たちは、自由主義の国が、共通の安全保障のため、共通の活動ができると実証しています。強調しておきたいことですが、私たちは、この活動で献身的なチェコの人々に敬意を払い、亡くなった方を悼んでいます。

But no alliance can afford to stand still. We must work together as NATO members so that we have contingency plans in place to deal with new threats, wherever they may come from. We must strengthen our cooperation with one another, and with other nations and institutions around the world, to confront dangers that recognize no borders. And we must pursue constructive relations with Russia on issues of common concern.

 どんな同盟も、じっと立ち止まることはできません。NATOの加盟国として、私たちは一緒に協力し、新しい脅威がどこから来ようとも、危機管理計画を作らねばなりません。国境なき脅威と向き合うため、私たち同士の、そして他の国や国際機関との協力関係を強化しなければなりません。私たちは、共通の問題について、ロシアとも建設的な関係を築かなくてはなりません。

Now, one of those issues that I'll focus on today is fundamental to the security of our nations and to the peace of the world -– that's the future of nuclear weapons in the 21st century.

 私が今日取り上げた問題の一つは、私たちの安全保障と世界平和にとって根本的なものです。21世紀の核兵器の未来についてです。

The existence of thousands of nuclear weapons is the most dangerous legacy of the Cold War. No nuclear war was fought between the United States and the Soviet Union, but generations lived with the knowledge that their world could be erased in a single flash of light. Cities like Prague that existed for centuries, that embodied the beauty and the talent of so much of humanity, would have ceased to exist.

 現在ある何千基もの核兵器は、冷戦の最も危険な遺産です。米国とソ連の間に核戦争はありませんでしたが、何世代にもわたって、世界がただ一回の閃光で消滅してしまうかもしれないと思いながら、人々が暮らしていました。プラハのような、数世紀にわたって人類の美と才能を体現した都市が、消えてしまったかもしれないのです。

Today, the Cold War has disappeared but thousands of those weapons have not. In a strange turn of history, the threat of global nuclear war has gone down, but the risk of a nuclear attack has gone up. More nations have acquired these weapons. Testing has continued. Black market trade in nuclear secrets and nuclear materials abound. The technology to build a bomb has spread. Terrorists are determined to buy, build or steal one. Our efforts to contain these dangers are centered on a global non-proliferation regime, but as more people and nations break the rules, we could reach the point where the center cannot hold.

 今日、その冷戦はなくなりましたが、何千もの兵器はそうではありません。歴史とは奇妙なもので、世界的な核戦争の脅威は減りましたが、核攻撃のリスクは高まりました。これらの兵器を獲得した国は増え、核実験は続いています。多くの核製造情報や核物質が闇市場で取引されています。爆弾を造る技術は拡散し、テロリストが購入したり、造ったり、盗もうとしています。こうした危険を防ぐ努力の中心に、世界的な核不拡散体制がありますが、ルールを破る国や人が増えるにつれ、この体制が維持できなくなるかもしれません。

Now, understand, this matters to people everywhere. One nuclear weapon exploded in one city -– be it New York or Moscow, Islamabad or Mumbai, Tokyo or Tel Aviv, Paris or Prague –- could kill hundreds of thousands of people. And no matter where it happens, there is no end to what the consequences might be -– for our global safety, our security, our society, our economy, to our ultimate survival.

 これは、どの街に住む人にとっても問題です。ニューヨークであれ、モスクワであれ、イスラマバード、ムンバイ、東京、テルアビブ、パリ、プラハであっても、ただ一発の核兵器が都市で爆発すれば、何十万人もの人々が殺されてしまいます。どこで起こったとしても、世界の安全、私たちの安全保障、私たちの社会、私たちの経済、私たちの究極的な生存に途方もない結末が待っています。

Some argue that the spread of these weapons cannot be stopped, cannot be checked -– that we are destined to live in a world where more nations and more people possess the ultimate tools of destruction. Such fatalism is a deadly adversary, for if we believe that the spread of nuclear weapons is inevitable, then in some way we are admitting to ourselves that the use of nuclear weapons is inevitable.

 このような兵器の拡散は止められない、抑止できない、私たちは多くの国や人々が究極の破壊兵器を持つ世界に住むことを運命付けられているのだと主張する人もいます。そのような運命論は極めて有害な敵です。もし核兵器の拡散が避けられないと信じてしまえば、それはある意味、その使用も避けられないと認めているようなものだからです。

Just as we stood for freedom in the 20th century, we must stand together for the right of people everywhere to live free from fear in the 21st century. And as nuclear power –- as a nuclear power, as the only nuclear power to have used a nuclear weapon, the United States has a moral responsibility to act. We cannot succeed in this endeavor alone, but we can lead it, we can start it.

 私たちは、20世紀に自由のために立ち上がったように、21世紀には恐怖からの自由のために協力しなければなりません。核保有国として、核兵器を使用したことがあるただ一つの核保有国として、米国は、自ら働きかける道義的な責任を持っています。この努力は、アメリカ一国では成功させることはできませんが、リードし、始めることはできます。

So today, I state clearly and with conviction America's commitment to seek the peace and security of a world without nuclear weapons. I'm not naive. This goal will not be reached quickly –- perhaps not in my lifetime. It will take patience and persistence. But now we, too, must ignore the voices who tell us that the world cannot change. We have to insist, "Yes, we can."

 だから私は今日、明白に、信念をもって、米国が核なき世界の平和と安全保障を追求すると約束します。私はナイーブではありません。この目標は、すぐには、恐らく私が生きている間にも、到達できないでしょう。忍耐と粘り強さが必要でしょう。しかし、私たちは、世界は変わることはないという声を無視しなければなりません。私たちは「イエス・ウィ・キャン」と言い続けなければなりません。

Now, let me describe to you the trajectory we need to be on. First, the United States will take concrete steps towards a world without nuclear weapons. To put an end to Cold War thinking, we will reduce the role of nuclear weapons in our national security strategy, and urge others to do the same. Make no mistake: As long as these weapons exist, the United States will maintain a safe, secure and effective arsenal to deter any adversary, and guarantee that defense to our allies –- including the Czech Republic. But we will begin the work of reducing our arsenal.

 私たちがとるべき針路を説明させてください。第一に、米国は核なき世界に向けた具体的な方策を始めます。冷戦時代の思考を終わりにし、安全保障戦略における核兵器の役割を小さくし、他国にも同じようにすることを促します。誤解しないでください。こうした兵器が存在する限り、米国は、敵を抑止し、チェコを含めた同盟国を防衛することを保証するため、安全で確実、効果的な兵器を保持します。しかし、私たちは保有量を減らす作業を始めます。

To reduce our warheads and stockpiles, we will negotiate a new Strategic Arms Reduction Treaty with the Russians this year. President Medvedev and I began this process in London, and will seek a new agreement by the end of this year that is legally binding and sufficiently bold. And this will set the stage for further cuts, and we will seek to include all nuclear weapons states in this endeavor.

 弾頭と備蓄を減らすために、私たちは今年、ロシアと新しい戦略兵器削減条約の交渉を始めます。メドベージェフ大統領と私は、ロンドンでこのプロセスを開始しました。年末までに、法的拘束力があり、十分に大胆な新しい合意を目指します。この合意が、将来のさらなる削減のための舞台を整え、すべての核保有国が参加するものになるよう、模索します。

To achieve a global ban on nuclear testing, my administration will immediately and aggressively pursue U.S. ratification of the Comprehensive Test Ban Treaty. After more than five decades of talks, it is time for the testing of nuclear weapons to finally be banned.

 核実験を禁止するため、私の政権は、ただちに、積極的に、包括的核実験禁止条約の批准をめざします。50年以上の話し合いをへて、核実験を禁止する時が来ました。

And to cut off the building blocks needed for a bomb, the United States will seek a new treaty that verifiably ends the production of fissile materials intended for use in state nuclear weapons. If we are serious about stopping the spread of these weapons, then we should put an end to the dedicated production of weapons-grade materials that create them. That's the first step.

 核兵器の構成要素を取り除くため、米国は、核保有国で使用される核物質の生産を検証可能な形で終わらせる、新しい条約をめざします。核兵器の拡散を真剣に阻止するならば、核兵器に使う物質の生産を終わらさなければなりません。それが第一歩です。

Second, together we will strengthen the Nuclear Non-Proliferation Treaty as a basis for cooperation.

 第二に、協調の基盤として、核拡散防止条約を強化します。

The basic bargain is sound: Countries with nuclear weapons will move towards disarmament, countries without nuclear weapons will not acquire them, and all countries can access peaceful nuclear energy. To strengthen the treaty, we should embrace several principles. We need more resources and authority to strengthen international inspections. We need real and immediate consequences for countries caught breaking the rules or trying to leave the treaty without cause.

 交渉の基本は健全です。核保有国は軍縮に向かい、非保有国は核兵器を求めず、すべての国に核の平和的利用の権利があります。この条約を強化するため、いくつかの原則を守らねばなりません。国際査察を強化するためにもっと多くの資源と権限が必要です。ルールを破ったことが明らかになった国や、理由なく条約から離脱しようとする国に対する、実質的な素早い制裁が必要です。

And we should build a new framework for civil nuclear cooperation, including an international fuel bank, so that countries can access peaceful power without increasing the risks of proliferation. That must be the right of every nation that renounces nuclear weapons, especially developing countries embarking on peaceful programs. And no approach will succeed if it's based on the denial of rights to nations that play by the rules. We must harness the power of nuclear energy on behalf of our efforts to combat climate change, and to advance peace opportunity for all people.

 民間の核協力について、国際核燃料バンクを含めた新たな枠組みも構築し、核拡散のリスクを高めることなく、国家が平和的な原子力を利用できるようにしなければなりません。それは、核保有を放棄するすべての国、とりわけ平和的な原子力利用計画を始めた発展途上国の権利であるべきです。ルールに従う国家の権利が否定されてしまえば、どのようなアプローチも成功しません。地球温暖化と戦い、すべての人のための平和的な機会を促進するために、私たちは原子力エネルギーを利用しなければなりません。

But we go forward with no illusions. Some countries will break the rules. That's why we need a structure in place that ensures when any nation does, they will face consequences.

 しかし、幻想を持ってはいけません。ルールを破る国も出てくるでしょう。だから、その国が例外なく重大な結末に直面することになる枠組みを働かせることが必要なのです。

Just this morning, we were reminded again of why we need a new and more rigorous approach to address this threat. North Korea broke the rules once again by testing a rocket that could be used for long range missiles. This provocation underscores the need for action –- not just this afternoon at the U.N. Security Council, but in our determination to prevent the spread of these weapons.

 ちょうど今朝、この脅威に対して新しい、より厳格なアプローチがなぜ必要なのかということを思い知らされることが起きました。北朝鮮がルールを破り、再び長距離弾道ミサイルに転用できるロケットを発射しました。この挑発行為は、行動の必要性を浮き彫りにしました。今日午後の国連安保理だけでなく、こうした兵器の拡散を阻止する決意もです。

Rules must be binding. Violations must be punished. Words must mean something. The world must stand together to prevent the spread of these weapons. Now is the time for a strong international response -- now is the time for a strong international response, and North Korea must know that the path to security and respect will never come through threats and illegal weapons. All nations must come together to build a stronger, global regime. And that's why we must stand shoulder to shoulder to pressure the North Koreans to change course.

 ルールには拘束力がなければなりません。違反は罰せられなければなりません。こうした兵器の拡散を阻止するために、言葉は実質的な意味を持たねばなりません。いまこそ、国際社会が強い対応をするときです。北朝鮮に、安全保障と敬意は脅迫や違法な兵器によって得られるものではないことを知らせなければなりません。すべての国は強力で世界的な管理体制を築くために団結しなければなりません。肩を組み、北朝鮮に進路を変えさせなければならないのです。

Iran has yet to build a nuclear weapon. My administration will seek engagement with Iran based on mutual interests and mutual respect. We believe in dialogue. But in that dialogue we will present a clear choice. We want Iran to take its rightful place in the community of nations, politically and economically. We will support Iran's right to peaceful nuclear energy with rigorous inspections. That's a path that the Islamic Republic can take. Or the government can choose increased isolation, international pressure, and a potential nuclear arms race in the region that will increase insecurity for all.

 イランはまだ核兵器を造っていません。私の政権は、相互の利益と尊重に基づいた取り決めをめざします。私たちは対話を信じます。その対話で、私たちは明白な選択肢を示します。イランには、政治的にも経済的にも国際社会でしかるべき立場を選ぶことを望みます。私たちは、イランの、厳格な査察を伴う平和的な核利用の権利を支持します。それはイスラム教の共和国が選択できる道です。さもなくば、さらなる孤立、国際社会の圧力、すべての国の不安定さを増すことになる、潜在的な核の地域軍拡競争を選ぶことになります。

So let me be clear: Iran's nuclear and ballistic missile activity poses a real threat, not just to the United States, but to Iran's neighbors and our allies. The Czech Republic and Poland have been courageous in agreeing to host a defense against these missiles. As long as the threat from Iran persists, we will go forward with a missile defense system that is cost-effective and proven. If the Iranian threat is eliminated, we will have a stronger basis for security, and the driving force for missile defense construction in Europe will be removed.

 はっきりさせましょう。イランの核と弾道ミサイルの開発行為は、米国だけでなく、隣国や私たちの同盟国に対して現実の脅威になっています。チェコとポーランドは、勇気を持って、こうしたミサイル防衛システムを受け入れる合意をしました。イランからの脅威が続く限り、私たちは費用対効果があり、性能も証明されたミサイル防衛を進めます。イランの脅威が消えれば、安全保障のより強い基盤ができ、欧州でミサイル防衛を推進する理由はなくなります。

So, finally, we must ensure that terrorists never acquire a nuclear weapon. This is the most immediate and extreme threat to global security. One terrorist with one nuclear weapon could unleash massive destruction. Al Qaeda has said it seeks a bomb and that it would have no problem with using it. And we know that there is unsecured nuclear material across the globe. To protect our people, we must act with a sense of purpose without delay.

 最後に、テロリストが絶対に核兵器を手にしないようにしなければなりません。これは世界の安全保障にとって、もっとも差し迫った究極の脅威です。一発の核兵器を持った一人のテロリストが、大量破壊をもたらすことができます。アルカイダは核爆弾の取得を目指し、使うことにためらいはないと明言しました。私たちは、安全でない核物質が世界に遍在していることを知っています。私たちは、国民を守るため、目的意識を持ち、遅滞なく行動しなければなりません。

So today I am announcing a new international effort to secure all vulnerable nuclear material around the world within four years. We will set new standards, expand our cooperation with Russia, pursue new partnerships to lock down these sensitive materials.

 私は今日、4年以内に世界中の無防備な核物質を安全に管理する国際的な働きかけを宣言します。新たな基準を設け、ロシアとの協力を拡大し、慎重に扱うべき物質を封じる新しい協力関係を追求します。

We must also build on our efforts to break up black markets, detect and intercept materials in transit, and use financial tools to disrupt this dangerous trade. Because this threat will be lasting, we should come together to turn efforts such as the Proliferation Security Initiative and the Global Initiative to Combat Nuclear Terrorism into durable international institutions. And we should start by having a Global Summit on Nuclear Security that the United States will host within the next year.

 闇市場を破壊し、核物質の移動を探知し、阻止し、取引を阻止する金融手法を駆使する努力を始めます。この脅威は今後も続くものであり、大量破壊兵器拡散防止構想や核テロリズムに対抗するためのグローバル・イニシアチブといった試みを持続的な国際機関に発展されるよう、私たちは団結しなければなりません。私たちアメリカは、最初の動きとして、来年中には核の安全保障に関するグローバル・サミットを主催します。

Now, I know that there are some who will question whether we can act on such a broad agenda. There are those who doubt whether true international cooperation is possible, given inevitable differences among nations. And there are those who hear talk of a world without nuclear weapons and doubt whether it's worth setting a goal that seems impossible to achieve.

 このような幅広い議題に沿って私たちが行動できるのか、疑問に思う人もいるでしょう。国民ごとの避けられない相違を思うと、真の国際協力が本当に可能なのか、疑問に思う人もいるでしょう。核なき世界と聞いて達成不可能な目標を定めることに対して疑問に思う人もいるでしょう。

But make no mistake: We know where that road leads. When nations and peoples allow themselves to be defined by their differences, the gulf between them widens. When we fail to pursue peace, then it stays forever beyond our grasp. We know the path when we choose fear over hope. To denounce or shrug off a call for cooperation is an easy but also a cowardly thing to do. That's how wars begin. That's where human progress ends.

 誤解しないでください。私たちはその道がどこに進むかを知っています。もし、国と国民が相違によって定義されることを許してしまえば、その裂け目は広くなるばかりです。平和は、求めなければ、永遠に私たちの手に届かないことになります。希望よりも恐怖を選んだときの道を私たちは知っています。協力の呼びかけを非難したり一笑に付したりすることは簡単ですが、臆病なことでもあります。戦争とはそのように始まり、人間の進歩はその時に終わります。

There is violence and injustice in our world that must be confronted. We must confront it not by splitting apart but by standing together as free nations, as free people. I know that a call to arms can stir the souls of men and women more than a call to lay them down. But that is why the voices for peace and progress must be raised together.

 世界には、私たちが対峙しなければならない暴力と不正義があります。私たちは、分裂ではなく、自由な国、自由な人々の協力で、それらに対峙しなければなりません。武器を取れという呼びかけが、武器を置けという呼びかけよりも人々の魂を揺さぶることを知っています。しかし、だからこそ、平和と進歩の声をともに上げなければならないのです。

Those are the voices that still echo through the streets of Prague. Those are the ghosts of 1968. Those were the joyful sounds of the Velvet Revolution. Those were the Czechs who helped bring down a nuclear-armed empire without firing a shot.

 プラハの街には、なお、この声がこだましています。それは1968年の幻影です。それはビロード革命の喜びです。それは、核武装した帝国を一発の銃声もなく打倒したチェコの人々です。

Human destiny will be what we make of it. And here in Prague, let us honor our past by reaching for a better future. Let us bridge our divisions, build upon our hopes, accept our responsibility to leave this world more prosperous and more peaceful than we found it. Together we can do it.

 人類の運命は、私たちが作るものです。ここプラハで、よりよき未来を求めることで、過去に敬意を表しましょう。分裂に橋を渡し、希望を踏まえ、責任をもって、この世界をより繁栄した、平和的なものにしましょう。私たちは一緒できるはずです。

Thank you very much. Thank you, Prague.

 ご清聴ありがとうございます。ありがとう、プラハ。