ここから本文

2009

平成21

紙面

掲載情報

2009年4月22日(なごや東版)

紙面にはこれが初登場。「3位」は、今から見るととても珍しく感じます。

2009年6月10日(なごや東版)

県大会決勝で同門の先輩に敗れ、準優勝。6歳のあどけない笑顔ですが「羽生名人を超えたい」と夢を語りました。

2010

平成22

2010年6月4日(なごや東版)

1年後、同じ大会で見事優勝。地元・瀬戸市長に、堂々とした笑顔で報告です。紙面にはこの後、負けた記録は見当たりません。

2011

平成23

2011年4月26日(なごや東版)

紙面初登場で「3位」だった大会で、今度は優勝です。きっちり雪辱を果たしました。

2011年8月24日(なごや東版)

全国大会優勝を地元・瀬戸市長に報告。「詰め将棋では五十数手先まで読める」とあります。表情に自信がにじみます。

2011年11月5日(なごや東版)

次々と全国大会を制する9歳児。お風呂のタイルを将棋盤に見立て湯気の跡に駒を描く…とあります。指す姿勢に風格のようなものが漂います。

2012

平成24

2012年1月25日(中日スポーツ)

お好み対局に「天才少年」として登場。

2012年09月12日(なごや東版)

小学4年生で奨励会入り。地元の将棋教室では勝負になる相手が少なく、奨励会で「いっぱい指せることがうれしい」と話していました。「小学生のうちに初段」を目標にしていましたが…

2015

平成27

2015年4月5日(中日スポーツ)

初段どころか、小学6年生で二段昇格を決めました。谷川九段、羽生名人を抜き史上最年少。強さの秘密に迫る特集です。

2015年5月19日(中日スポーツ)

このころになると、全国的な注目を集め始めます。師匠がその天才ぶりを紹介します。

2015年10月19日(社会面)

奨励会最高段位の三段に昇段。最年少記録を半年更新しました。いよいよプロが目前に。

2015年10月20日(夕刊社会面)

奨励会入りするまで通った瀬戸市の将棋教室です。プロを目前にしても、特別な場でした。指導者の言葉「百年に一人の逸材。名人のさらに上を目指せる」は、今を予見していました。

2016

平成28

2016年1月1日(中日スポーツ)

アマ強豪とお好み対局。非凡な指し手で舌を巻かせます。

2016年9月4日(1面)

ついにプロ入り。初挑戦、トップ合格、最年少記録を62年ぶりに更新…と、記録ずくめでした。

2016年9月4日(社会面)

「金底の歩 岩より堅し」「馬は自陣に引け」といった勝負の金言を書き続けた親子ノートの話です。

2016年9月6日(中日スポーツ)

師匠がプロ入りを果たした愛弟子に「大暴れ」を期待します。「野球でいえば剛速球にキレキレのスライダーが加わった感じで、ちょっと手がつけられない」って、いったい…

2016年9月8日(愛知県内版)

通っていた将棋教室にプロ入りを報告。「もっともっと強くなって名人になりたい」と誓いました。

2016年9月27日(なごや東版)

地元・瀬戸市長にプロ入りを報告。「責任を感じている」と語りました。

2016年12月19日(第2社会面)

名古屋市で会ったプロ入り祝賀会で「東海地区に一刻も早くタイトルを持ってくる」とあいさつしました。

2016年12月25日(第2社会面)

加藤九段を破り、プロ初勝利。現役最年長対最年少。こちらも記録的な対局でした。破竹の快進撃はここから始まります。

2017

平成29

2017年1月3日(中日スポーツ)

プロ入りを決めた三段リーグの軌跡を、師匠が詳しく解説しました。「後々まで語り継がれる」戦いぶりだったようです。

2017年1月11日(文化面)

囲碁界のホープ、一力遼七段との対談(上)。十代同士、学校生活も話題に。

2017年1月12日(文化面)

一力遼七段との対談(下)。プロとしての目標を語り合います。

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索