トップ > 出発進行 > <3>通学の供 神話の世

ここから本文

<3>通学の供 神話の世界<< 出発進行TOPへ

写真

伊勢神宮内宮を参拝する皇学館大の河原正知さん=三重県伊勢市で

 三重県伊勢市の皇学館大文学部神道学科は、神職を養成する。2年の河原正知さん(20)は「祭式作法」の授業に臨む際、特に気を引き締める。おはらいの実技で「気持ちがこもっているかどうか、見ていて分かると指導されます」と語る。

写真

 大学は近鉄五十鈴川駅から徒歩十数分。河原さんの自宅は同県志摩市にあり、最寄りの志摩磯部駅から約40分かけ、近鉄電車で通う。父親は市職員。神職と縁遠い家庭だが、中学の時、地元の神社の御田植え祭に参加し、神道に興味を持った。

 大学では古事記や日本書紀を読みこみ、神話を覚える。解説書を通学の電車で開くこともある。多種ある祝詞も、そらんじなければいけない。神社建築の様式も学ぶが、時に一人、伊勢神宮に出掛け、習ったことを自分の目で確認する。

 卒業後、どこの神社で職を得るか、まだ考えていない。ただ、地域にこだわらず、「御縁のあるお社(やしろ)」があることを願う。神職として、参拝者が穏やかに過ごせる社であるよう、努力するつもりでいる。

 文 ・大島康介
 写真・榎戸直紀

近鉄山田線・鳥羽線・志摩線 山田線は伊勢中川−宇治山田間、鳥羽線は宇治山田−鳥羽間、志摩線は鳥羽−賢島間。計33駅で66キロ。山田線の前身は1930(昭和5)年に部分開通した参宮急行電鉄、志摩線の前身は29年開通の志摩電気鉄道。鳥羽線は70年に全線開通した。

観光資源の豊富な沿線 近鉄山田・鳥羽・志摩線(動画)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索