中日スポーツ、東京中日スポーツのニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 2007年10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

“ミスターグランパス”花井 来季トップ昇格 戦術眼、高さ、スピードある

2007年10月26日 紙面から

来季のトップ昇格が決まった花井=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで

写真

 名古屋グランパスU−18のMF花井聖(17)が来季トップ昇格することが25日、明らかになった。クラブ側は花井を昇格させる方針をすでに固めており、26日に契約交渉を行う。契約を結び次第、正式発表される。来季の新加入選手はMF佐藤将也(17)=静岡・浜名高=に次いで2人目となる。

◇きょう契約

 未来のグランパスを担う男して期待されている花井のトップ昇格が、ついに正式決定する。あふれんばかりの才能、能力から、今季はユースではなくトップチームで練習。5月にはJリーグに出場可能となる2種登録をされたほどの逸材だ。

利き足は右だが、両足で自由自在にボールを操れる。カカ、ロナウジーニョにあこがれ「観客を楽しませるようにしたい」と磨き上げたテクニックは世代屈指。その上、戦術眼、高さ、スピードもあり、欠点もない。

 グランパスU−18関係者は「花井はものが違う。日本を代表する選手になれる。いや、どうやって世界に送り出すか」と言うほど。まだあどけなさの残る表情からは想像もつかないほどの才能を秘めている。

 6月に左足第5中足骨を疲労骨折。長期のリハビリ生活を強いられていたが、今月22日の練習試合・静岡FC戦で実戦復帰を果たした。26日に状態確認のためのエックス線検査を受けるが「足の方は全然問題ない。もう大丈夫と思います」と言う。

 グランパス下部組織で手塩をかけて育て上げられたため“ミスターグランパス”と自負する花井。「将来的には海外でやりたいし。日本でとどまりたくはない」。大きな夢を実現させるための、まずは第一歩を踏み出す。 (島田明)

 ▼花井聖(はない・しょう) 1989(平成元)年11月10日、愛知県豊田市生まれの17歳。179センチ、62キロ。三好ケ丘小1年のときにグランパスのスクールでサッカーを始める。その後はグランパスU−12、U−15を経てU−18入り。今年5月にはJリーグへの出場が可能となる2種登録をされた。U−16、17日本代表。たぐいまれな技術が持ち味のMF。豊田大谷高3年生。

 

この記事を印刷する

PR情報

おすすめサイト

ads by adingo




中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ