トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

稀勢の里、執念勝利で初日から3連勝

2018年9月12日 紙面から

豊山(上)を突き落としで下し、勢いあまって土俵に落ちる稀勢の里=両国国技館で(久野功撮影)

写真

◇秋場所<3日目>

 (11日・両国国技館)

 稀勢の里は土俵際の突き落としで豊山の初挑戦を退けた。鶴竜は勢、白鵬は魁聖を下し、3横綱が3連勝とした。大関昇進を目指す御嶽海は玉鷲を取り直しの末に破って勝ちっ放し。高安は3勝目を挙げ、豪栄道は白星を先行させた。かど番の栃ノ心は貴景勝の引きに落ちて土がついた。

      ◇

 寄られて棒立ちになった土俵際、稀勢の里の執念が大逆転を呼び込んだ。上体をひねり、初顔合わせの豊山を右からの突き落とし。相手を土俵にたたき付け、土俵下に転げ落ちた。物言いもついた。最後は不格好だったかもしれない。それでも、白星は白星。昨年夏場所7日目以来の3連勝を飾った。

 顔を紅潮させて引き揚げた支度部屋。土俵際の感覚や白星の手応えを問われても、言葉は出てこない。得意の左四つの形を崩されても攻め続けた一番への強い思いが、荒い呼吸に集約されていた。

 「立ち合い、しっかり集中して。やることだけやりました。あとはしっかりやるという気持ちで」

 左四つで仕留めきれない不安は、確かに残った。低くぶつかった最初の立ち合いは、行司から「待った」。成立した2度目の立ち合い、10秒近い突き押し合いから左を差したのは横綱。右上手も引いて、前に出たが粘られた。右上手を切られてからは、もろさが顔をのぞかせた。

 2008年秋場所以降、この一番まで、初顔合わせは39勝3敗と得意にしていた。しかし、直近の昨年九州場所7日目の北勝富士戦では、金星を配給。「それが良かったと思いますけど」。捨て身の攻めの意識で、結びを締めくくった。

 土俵下からは今場所初めて、若き日の稀勢の里が付け人を務めた西岩親方(元関脇若の里)が勝負審判として取組を見守った。「相撲自体は万全じゃないですよ。横綱相撲という感じではない」と苦しい現状を認めた上で「プライドを捨てて泥くさく、必死な姿が稀勢の里の相撲。何が何でも白星を手にするという姿勢でいい」。かつての弟弟子へ愛情たっぷり、復活へのエールを送った。

 初日から変わらず、稀勢の里は「明日、しっかり集中してやりたいと思います」の言葉を最後に沈黙。進退問題という試練に、必死さを武器に身一つでぶつかっていく。 (志村拓)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ