トップ > 中日スポーツ > 大相撲 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大相撲】

白鵬、左膝痛で巡業離脱 復興土俵入りも欠席へ

2017年8月13日 紙面から

写真

 大相撲の横綱白鵬(32)=宮城野=が12日、左膝痛のため、13日から夏巡業を離脱することが決まった。この日、仙台市で行われた巡業では稽古に参加せず、横綱土俵入りのみ姿を見せた。2011年から6年連続で務めた東日本大震災の復興を祈願する横綱土俵入りが14日、岩手県釜石市で行われるが、初めて欠席する。

 名古屋場所前から同箇所に不安。痛みを抱えながら史上最多の通算1048勝を達成し、39回目の優勝を果たした。巡業は当初、一人横綱だったこともあり、責任感で参加。バス移動などで負担もかかり、限界に達した。

 「ゆっくり安静に。そういう現状でしょう」と話し、13日に帰京し、治療に専念する。復興土俵入りは稀勢の里、日馬富士が務める。「2人の横綱に後は託したい」と無念そうに話した。 (荒木司)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ