トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

青学大、史上初2度目3冠へ 郷ひろみも呼ぶ 箱根駅伝「ゴーゴー大作戦」

2018年12月11日 紙面から

箱根駅伝記者発表で今回の作戦名を「ゴーゴー大作戦」と発表した青学大の原晋監督(北田美和子撮影)

写真

 来年1月2、3日に行われる第95回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝、10区間217・1キロ)出場23チームのエントリー16人が10日、東京都内で発表され、各チームの監督が記者会見した。史上3校目の大会5連覇と、史上初となる2度目の学生駅伝3冠(出雲、全日本、箱根)を目指す青学大の原晋監督(51)は「ゴーゴー大作戦」をスローガンに掲げ、優勝祝勝会に、郷ひろみさんを呼ぶビッグプランもブチ上げた。

 5連覇、そして2度目の3冠へ、まさしく「ゴーゴー」と突き進む。2015年から始まる「ワクワク」「ハッピー」「サンキュー」「ハーモニー」に続く、青学大恒例の作戦名。原監督は「ゴーゴー大作戦!」と高らかに宣言した。

 もちろんとっぴな思い付きではなく、明確な意図がある。「5度目の優勝へ、キーとなるのは5区、私が監督就任15年目、箱根は95回大会、ライバルはゼッケン5番の東海大。これらをトータルに表現して熱く燃えている」。ゴー、節目、勝負どころ、ライバル、そして目標…。シンプルながら、多様なメッセージを込めた。

 さらに「ゴー」で「熱く燃えている」と来れば、ただでは終わらない。「チーム全体でアーチーチー、郷ひろみさんのように燃えている。優勝したら郷ひろみさんに祝勝会に来て頂きたい」。郷ひろみの大ヒット曲「GOLDFINGER 99年」のサビを口ずさみながら往年の大スターにラブコールを送るのも忘れなかった。

 5連覇、そして3冠への手応えも十分だからこその作戦。「過去最高のチームに仕上がっている」ときっぱり。その言葉を裏付けるように、上位10人の1万メートルの平均タイムは23チーム中トップの28分43秒93。主将の森田歩希(4年・竜ケ崎一)、キーの5区で前回区間5位の竹石尚人(3年・鶴崎工)ら主力も順当にエントリーと死角はない。「5連覇を目指して頑張る」と指揮官。平成最後の箱根路でも王者であり続ける。 (川村庸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ