トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[高校野球]土浦日大・磯貝、意地の9回代打弾

2018年8月10日 紙面から

土浦日大−興南 9回表土浦日大1死、本塁打を放ちガッツポーズする土浦日大の代打磯貝

写真

◇興南6−2土浦日大

 土浦日大が最後に意地を見せた。9回1死走者なしで、代打に磯貝郁人外野手(3年)を送った。「後ろにつなぐつもりだった」という磯貝は、興南の左腕・宮城のスライダーを捉えて左方向へ。快音とともに打球はスタンドに吸い込まれ、ベンチの反撃ムードを高めたが、後が続かなかった。

 本人にとっての公式戦初アーチは、大会通算16度目の代打本塁打となった。入学当初は捕手として期待されながら、けがに苦しみ代打要員として迎えた最後の夏。茨城大会では出番がなかったが、最高の場所で最高の形で締め、「言葉で表せないくらいうれしいし、幸せです」と笑顔で振り返った。

 興南の投手陣をなかなか攻略できずに昨夏に続く初戦敗退となったが、この一発は土浦日大らしい積極的なスイングを体現していた。「また来年に戻ってきて、今度こそチームの目標の日本一になってほしい」と磯貝。後輩たちの心には、次につながるアーチとして刻まれたはずだ。 (平野梓)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ