トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[クライミング]楢崎智亜、弟・明智との激闘制す

2018年6月25日 紙面から

スピードを終え、ガッツポーズする楢崎智亜=岩手県営運動公園で

写真

◇複合ジャパンカップ

 スポーツクライミングで2020年東京五輪の強化を目的に新設された複合(スピード、ボルダリング、リードの3種目)ジャパンカップが24日、盛岡市の岩手県営運動公園などで男女ともに決勝を行い、男子は楢崎智亜(ともあ、22)が弟・明智(めいち、19)との優勝争いを制して初代王者となった。女子は野口啓代(29)が優勝した。予選1位だった16歳の伊藤ふたばは2位だった(所属はいずれもTEAM au)。

 国内初の複合の大会で王者に輝いた。その結果より、幼いころから競い合ってきた弟との勝負に勝った喜びが大きい。楢崎智は「ここまで接戦になるとは思わなくて。達成感が半端ないですね」と声を弾ませた。

 2選手が同時にスタートするスピードで勝ち上がり、決勝で6秒87を記録し1位に。前日に続く日本新記録を塗り替え、好調な滑り出しだった。ただ得意のボルダリングで最後の第4課題をクリアできずに4位。この時点で弟・明智が暫定1位、楢崎智は2位だった。

 勝負をかけた最終種目のリードは無駄のない動きで進み、ほかの選手が落ちていた急勾配の難所を攻略して終盤まで登った。あとは明智の試技を見守るだけ。「頑張ってほしいけど、自分を超えてほしくはなかった」と思っていた。明智は兄の到達点に一歩届かず、逆転優勝が決まった。

 今回は競い合ったが、弟思いな一面もある。ボルダリングの課題の合間には「苦手な課題がある」と弱気になった明智に、「あれは明智の得意そうな課題だから自信もってやれ」と激励した。

 ともに東京五輪に出場することが夢という兄弟。最後まで分からない好勝負で観客を熱狂させた。(平野梓)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ