トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[スポーツクライミング]女子は野口が3連覇

2018年6月4日 紙面から

女子決勝課題を攻める野口啓代=エスフォルタアリーナ八王子で(内山田正夫撮影)

写真

◇W杯<第5戦>

 スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング第5戦は3日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で男女の準決勝と決勝を行い、女子は野口啓代(あきよ、29)=TEAM au=が優勝し、第3戦から3連勝となった。野中生萌(みほう、21)=同=は4戦連続の2位。今季からW杯参戦の伊藤ふたば(16)=同=は初めて決勝に残ったが、6位だった。男子は楢崎智亜(ともあ、21)=同=が日本勢トップの2位だった。

 ゴールとなるホールドを右手1本でつかんでぶら下がると、野口は左手をしっかり添えて喜びをかみしめた。「この大会は昨年2位だったので、優勝したい気持ちで頑張ってきた。本当にやり切った感じがします」。表彰台に立った時は込み上げてくるものを抑えられず、その目から涙があふれた。

 準決勝の全4課題を“一撃”(一発で登り切る)という神業でやってのけた。決勝でも年下のライバル野中と3完登で並んだが、トライ数の少なさで上回った。最終課題までに2完登。既に競技を終え、暫定1位だった野中に勝つためには失敗は許されない。重圧のかかる勝負どころで「自分も一発で決める」と見事に決めた。

 20年近い競技歴を持つスポーツクライミングの第一人者。2016年、17年シーズンはW杯優勝から遠ざかったが、今冬は東京五輪の準備期間として、「不安なところがない、というくらいまで追い込んで練習してきました」と言う。今季3勝を挙げ、W杯通算21勝とし、女王復活のシーズンを印象づけた。 (平野梓)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ