トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[フィギュア]羽生、右足首負傷 「10日間絶対安静」

2017年11月13日 紙面から

NHK杯公式練習のジャンプの着氷で右足を痛め厳しい表情を見せる羽生結弦=9日、大阪市中央体育館で(田中久雄撮影)

写真

 右足関節外側靱帯(じんたい)損傷でNHK杯を欠場した羽生結弦(22)=ANA=が、綱渡りスケジュールで全日本選手権(12月21日開幕、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ)に出場する。12日、日本スケート連盟を通じ「10日間は絶対安静と医師から言われた」と明かした羽生は、安静後「3〜4週間で元に戻る。全日本までに間に合うようリハビリに努める」とギリギリの強行スケジュールを示した。五輪連覇へ、特別措置でなく実力で代表の座を手にする決意だ。

 ほんの少しの計算違いも許されない。羽生が新技の4回転ルッツの着氷で転倒して右足首を故障したのが9日。そこから全日本選手権開幕までの期間は、羽生の言う安静期間とリハビリ期間を合わせたのと、ほぼ同じ6週間だ。

 たとえ出場しなくても過去の実績から平昌五輪の代表に選ばれるのは確実。安全策をとれば他の方法もあるが、五輪連覇を狙う絶対王者は改めて全日本選手権への出場にこだわりを示した。

 「彼(羽生)は全日本(選手権)に出ることを一番に考えている。彼の気持ちを尊重して間に合ってほしい。私はその気持ちをサポートしたい」

 こう説明したのが日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長だ。11日に羽生が所属するANAの城田憲子監督と会談し、症状やサポート態勢などが話し合われ、羽生の気持ちを尊重。早期復帰に向けて東京都内にある国立スポーツ科学センターでのサポートなどを約束したそうだ。

 ただ、簡単な道のりではない。10日間の絶対安静後、3、4週間で普段の試合をしている状態になるとは考えにくい。さらに、右足のつま先をついて跳ぶルッツやフリップ、右足だけで踏み切るループの調整は慎重に進められるだろう。アクセルやサルコー、トーループの精度を上げて、どこまでベストの状態に近づけるか。間に合って全日本選手権に出場したとしても、4回転ルッツなどの大技は自重するはずだ。

 日本スケート連盟を通じて、コメントを発表した羽生はこの日早朝に、伊丹空港発の航空機で大阪から離れた。厳戒態勢の中、黒のワンボックスカーから降りてきた羽生は、松葉杖姿。マスクをしており、表情をうかがい知ることはできなかったが、空港関係者の説明を聞いた後、一般客とは別の特別な導線で機内へと向かった。

 復帰時期について「あくまでも予定」と説明したようにリハビリ段階で違和感があったり、痛みが再発するなどがあれば間に合わない復帰ロード。昨年の全日本選手権をインフルエンザで欠場した羽生としては一日一日を大事にして、ファンが待つリンクに帰りたいところだ。(兼田康次) 

◆羽生のコメント全文

 いつも応援ありがとうございます。このたびは、皆さまにご心配をおかけして申し訳ございません。10日間は絶対安静と医師から言われました。その後、3〜4週間で元に戻るとみておりますが、まだ、あくまでも予定でございます。何とか全日本までに間に合うよう治療・リハビリに努力いたします。全日本ではいい演技ができるよう頑張りますので、どうぞリハビリ、練習に専念させて頂きますようご配慮のほど何とぞよろしくお願いいたします。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ