トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[フィギュア]真凜 エキシビションで新SP

2017年10月7日 紙面から

公式練習で調整する本田=さいたまスーパーアリーナで(潟沼義樹撮影)

写真

 フィギュアスケートのジャパン・オープンの前日練習が6日、さいたまスーパーアリーナで行われた。今大会は日本、北米、欧州の3地域による男女混合団体戦(フリーのみ、プロ選手含む)で、日本は女子が本田真凜(16)=大阪・関大高、男子は宇野昌磨(19)=トヨタ自動車、中京大=らが参加。今季途中からショートプログラム(SP)の変更を宣言している本田は大会後のエキシビションで初披露することになった。

 ジャパン・オープン初参戦となる本田が大会後のエキシビション曲に選んだのは、ピアノの旋律が印象的な「ザ・ギビング」。今季途中から変更するSP曲を初披露することになった。

 新SP曲について練習前こそ秘密にしていたが、エキシビション練習で流れた曲こそが新プログラム。今季当初は自らタンゴを選んだが、8月中旬に浜田美栄コーチの車中で聴いた曲にほれ込んで変更を決断した。

 特徴は「自分の得意な分野を引き出せる」と話した本田。シニアデビューとなった今季初戦のUSインターナショナルクラシック(米国)を優勝した本田が、今大会に出場する世界女王のメドベージェワや世界ジュニア女王のザキトワの強力ロシア勢とどう戦うのか。さいたまスーパーアリーナはソチ五輪選考会となった4年前の全日本選手権で観戦した場所。試合も、エキシビションも、主役の座を奪いたい。(兼田康次)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ