トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[フィギュア]羽生、まさかの7位発進 ジャンプで2度失敗

2017年4月21日 紙面から

男子SPの演技を終え、厳しい表情を見せる羽生結弦=国立代々木競技場で(潟沼義樹撮影)

写真

◇世界国別対抗戦

 ▽第1日▽20日▽東京・国立代々木競技場▽男女ショートプログラム(SP)ほか

 男子SPは世界選手権で3季ぶり2度目の優勝を飾った羽生結弦(22)=ANA=がジャンプを2度失敗し、83・51点の7位と沈んだ。宇野昌磨(19)=中京大=はただ一人100点を超える103・53点で1位。女子SPは三原舞依(17)=神戸ポートアイランドク=が3位、樋口新葉(16)=東京・日本橋女学館高=が5位。ともに70点台の高得点をマークした。第1日を終えて日本チームは44点で首位に立ち、ロシアが2位で続いた。

 演技を終えると天に向かって「ごめんなさい」とつぶやいた。満員の観客にも、団体戦で戦う仲間にも、そして天国にいる伝説のミュージシャンにも謝罪していた。今季最後のSPはまさかの大失敗。羽生が100点に遠く及ばない83・51点で7位に沈んだ。

 「悪い癖が完全に出てしまった。余計な気持ちや思いが入りすぎた。あしたがプリンスさんの命日だったんで、そういう気持ちも込めて集中していたつもりだったんですが…。申し訳ない気持ちでいっぱいです」

 冒頭の4回転ループが1回転になると、続く4回転サルコーからの連続ジャンプがバランスを崩したことで単発になった。今季のSPは、昨年死去したプリンスの世界的ヒット曲「レッツゴー・クレイジー」。試合では今回が最後で4月21日は命日。思いを込めて日本の観客と一体化するはずだったが…。「今の自分に(この曲を)語る資格はない。プリンスさんの顔に泥を塗った」と自らを責めた。

 大きな課題も残した。SPでの失敗は今回が3度目。2月の四大陸選手権から今月上旬閉幕の世界選手権、今回まで3位、5位、7位と右肩下がり。「SPに対して苦手意識ができ始めている。いいイメージがない。時間をかけて打破したい」。自分への怒りをかみ殺しながら反省を口にした。

 「今回の試合はSP、フリーの合計ではない。あしたはあしたで発揮したい」。世界選手権で大逆転したフリーの演技を披露し、日本チームの優勝に貢献したい。 (兼田康次)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ