トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[陸上]一発勝負で2人選出 五輪マラソン代表選考新方式

2017年4月19日 紙面から

 日本陸連は18日、東京都内で会見し、2020年東京五輪のマラソン代表選考で、五輪前年の9月以降に開く選考会「グランドチャンピオンレース(GCレース)」で男女各2人を選出することを柱とした新方式を発表した。残る1枠は、名古屋ウィメンズマラソンをはじめとした、19年秋から20年春までの既存の男女各3大会「ファイナルチャレンジ」の記録最上位を原則的に選ぶ。

 東京五輪でのメダル獲得へ、日本陸連が不退転の覚悟で挑む。異例とも言える3年前の選考方針発表。瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(60)は「お家芸のマラソンでメダルを取りたい。3年かけて強化、トレーニングしないと間に合わない」と危機感をあらわにした。求めるのは強くて速い選手。そのためにGCレースを、2019年9月以降に「東京オリンピックのコースを想定している」(尾県貢専務理事)と本番に近い条件で開催。男女各2人の代表を選ぶ。

 GCレースは誰でも出られる大会ではなく、出場資格は17年から19年春までの男子なら北海道、福岡、別大、東京、びわ湖、女子なら北海道、さいたま、大阪、名古屋の「GCシリーズ」で一定以上の記録と順位を残した選手などに限られる。

 残る男女各1人は「GCファイナルチャレンジ」と銘打った既存の国内3大大会で、19年5月に発表予定の「GCファイナルチャレンジ派遣設定記録」を突破した最上位者から選ぶが、突破者が出なかった場合はGCレースの2位もしくは3位が内定する。

 東京五輪を最大の目標とするため、19年世界選手権は「両方を狙うのは難しい」(瀬古リーダー)と選考会から外す大なたも振るわれた。河野匡長距離・マラソンディレクター(56)は「今回は東京オリンピックでメダル、ただ1点で決めた。良かったか悪かったかは結果で評価される。その覚悟で決めた」とキッパリ。過去3大会で入賞1という不振からの脱却へ、日本マラソンが大きくかじを切った。 (川村庸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ