トップ > 中日スポーツ > スポーツ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【スポーツ】

[マラソン]リオ代表の佐々木、2時間10分切れず 「全く話にならない」

2017年3月6日 紙面から

4位でゴールする佐々木悟=皇子山陸上競技場で(横田信哉撮影)

写真

◇びわ湖マラソン

 ▽ロンドン世界選手権代表選考会を兼ねる▽5日▽大津市・皇子山陸上競技場発着の42.195キロ▽スタート時の気象、晴れ、11.5度、湿度52%、東南東の風1.4メートル

 リオデジャネイロ五輪マラソン代表の佐々木悟(31)=旭化成=が2時間10分10秒で日本人トップ、全体4位となったが、既に終了した3つの選考会に比べて低調な記録に終わり、世界選手権代表入りは絶望的となった。優勝は2時間9分6秒で走ったエゼキエル・キプトー・チェビー(ケニア)。2度目のマラソンに挑んだ一色恭志(22)=青学大=は途中棄権した。

 フィニッシュライン横のタイマーは2時間10分を超えていた。その意味を佐々木は誰よりも分かっていた。「タイムは全く話にならない。悔しいとしか言えない」。顔をしかめ、首を振りながら駆け抜けたゴールライン、その先にあるはずだったロンドンへの扉は閉ざされた。

 世界選手権代表の最終選考会。代表に選ばれるためには2月の別大マラソンの中本健太郎(安川電機)の優勝記録、2時間9分32秒を上回ることが必須だった。だが腹痛の影響で22キロ付近で先頭集団からこぼれ、ペースも落ち込む。何とか落ち込みを最小限にとどめ、終盤は日本人1位に浮上したが「たまたま前が落ちて、ラッキーでこういう順位になっただけ」と振り返るように、見せ場も可能性も感じさせない走りだった。

 リオ五輪で16位に終わり、宗猛総監督からは「ロンドンの経験を生かせ」と言われた再出発として、代表を目指した。

 「きょうのタイム、走りで生かせたかと言われると微妙。現実的にこのタイムでは厳しい」(佐々木)とうなだれた。日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーからも「リオのリベンジという走りでなかったのは寂しい」と厳しい言葉をかけられたが「きょうの結果だったら当然そうだろうな」と反論もしなかった。若手の活躍に沸いた東京マラソンから1週間、日本のマラソンに再び厳しい現実が突きつけられた。 (川村庸介)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ