トップ > 中日スポーツ > サッカー > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

岡崎、途中出場で同点弾演出

2018年12月7日 紙面から

フラム戦の後半、パスを出すレスターの岡崎(右)=ロンドンで(共同)

写真

◇イングランド・プレミアリーグ レスター1−1フラム

 【ロンドン原田公樹】サッカーのイングランド・プレミアリーグで、FW岡崎慎司(32)が所属するレスターは5日、敵地でフラムと1−1で引き分けた。岡崎は0−1の後半27分から途中出場し、同29分に同点ゴールをアシストした。監督が交代したサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也(30)はトットナム戦にフル出場したが、チームは1−3で敗れた。

 1点を追う後半27分、岡崎とMFイボラがピッチへ送り込まれた。岡崎はピッチを走り回って相手にプレッシャーをかけ、ボールを奪い、カウンター攻撃を仕掛ける。明らかにゲームの流れが変わった。2分後、岡崎はグレーとのパス交換から右サイドに侵入してクロス。これにMFマディソンが走り込み、同点弾を決めた。その後も攻勢は続き、勝ち越しゴールこそ決められなかったが、アウェーで貴重な勝ち点1獲得に貢献した。

 「流れはいつも変えているんで。結果を残せてよかった。いい感触を保てている」と最近の自らの好調ぶりに自信を深めているベテランFW。ただ、けがで出遅れたシーズンだけに、1月のアジア杯にはさすがに選ばれないと自覚している。

 「代表には頑張ってほしい。(自分のように)試合に出ていない選手が入るべきではないと思うから。それくらい自分に対して厳しい目で見ている」と言いつつ、代表入りは諦めておらず「南米選手権を目指す」と来夏の復帰に意欲を見せた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ