トップ > 中日スポーツ > サッカー > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

湘南ドロー、貴重なアウェーゴール 横浜Mは先勝

2018年10月11日 紙面から

柏戦の前半、同点ゴールを決めた湘南・菊地(右)

写真

◇ルヴァンカップ準決勝第1戦

 横浜Mは敵地で鹿島を2−1で下して、先勝した。柏−湘南は1−1で引き分けた。2001年以来の優勝を狙う横浜Mは、後半ロスタイムに1−1とされたが、直後にビエイラが決勝点を挙げた。初の決勝進出を目指す湘南は試合開始直後に失点したものの、菊地のゴールで追い付いた。

 ホームアンドアウェー方式の第2戦は14日に行われる。

◇柏1−1湘南

 ドロー決着ながら湘南が貴重なアウェーゴールを記録。第2戦への弾みをつけた。

 殊勲の1発は菊地。0−1の前半9分、味方へのスルーパスは相手DFにカットされたが、そのこぼれ球がペナルティーエリアのわずか外にいた菊地の足元にこぼれてきた。「早い時間帯だったし、思い切って打ってみようと。ファーは狙っていたけどあそこまでは…」。ボールは本人も驚くほどの美しい軌道で逆サイドネットを揺らした。

 曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(49)も「まだ(第1戦の)90分しか終わっていませんけど、アウェーゴールを取っての勝ち点1は次の試合へのエネルギーになる」と目を細める“前半”だった。

 数年前はどこか人ごとだったルヴァン杯決勝の舞台が手を伸ばせば届くところまで来ている。「湘南ってよく走るよね、いいチームだよね。でも…と皆さんが口にしない言葉(弱いよね)じゃ駄目だと思って、ここまでやってきた。目指せ(決勝舞台の)埼スタが合言葉」と同監督。実りの秋は近い。 (内田修一)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ