トップ > 中日スポーツ > サッカー > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

ラモスさん、日本サッカー殿堂入り掲額

2018年9月11日 紙面から

第15回日本サッカー殿堂掲額式典で記念プレート手に記念撮影するラモス瑠偉さん(左)と加藤久さん=東京都文京区のJFAハウスで(河口貞史撮影)

写真

 日本サッカー協会は10日、東京・文京区のJFAハウスで、日本サッカー殿堂入りした、元日本代表でビーチサッカー日本代表監督のラモス瑠偉さん(61)=本紙評論家=、加藤久さん(62)、1968年のメキシコ五輪日本代表チームの掲額式典を開いた。

 式典に出席したラモスさんは「まさか、この日がくるなんて、夢にも思っていなかった。うれしくて、たまらない」と喜びを口にした。さらに「20歳の時、生活が苦しかった家族を助けるために、日本に来た。その後、支えてくれたいろんな人に、いつか恩返ししたかった」と続けた。

 テクニックと戦術眼を武器に、日本代表の司令塔として活躍。「もともとはそんなにうまい選手じゃない。努力したから。努力は裏切らない。若い選手も、そういうところは目指してほしい。まだまだやることがたくさんある。日本のサッカーを愛しているからよくするために、言い続ける」と今後も日本サッカー界にエールを送り続けることを誓った。

 

この記事を印刷する

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ